ウィーンの人気&おすすめの土産20選 豪華なアクセサリーやお洒落な雑貨から王室御用達の絶品スイーツまで

ウィーンのお土産ならこれ!ということで、数ある商品の中から、お土産にぴったりの商品を厳選してご紹介します。定番の物から、ちょっとお洒落なこだわりの商品まで、ぴったりのお土産がきっとみつかるはず!

ウィーンってどんなところ?

ウィーンってどんなところ?

オーストリアの首都「ウィーン」は、中世の香り漂う、音楽・芸術の街。
中世の姿を残したウィーンの街には、シェーンブルン宮殿をはじめ、世界で最も有名な、ウィーン国立歌劇場、美術館や博物館などの観光スポットが多くあります。
モーツァルト、ベートーベン、ヨハンシュトラウス、シューベルトなどの音楽家とゆかりが深いことでも知られるウィーン。
フロイト(科学者)、クリムト(画家)、マリーアントワネットの母であるテレジアなどもウィーンと深いかかわりがあり、今も残る中世の街並みを歩けば、当時をより感じられる、奥深い街がウィーンです。

ウィーンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ウィーン
名称(英語) Wien
住所 Wien Austria
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト
詳細はこちら

最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#1 ウィーンと言えば「モーツァルトクーゲン」

ウィーンで最も有名なチョコレート菓子「モーツァルトクーゲン」は、いわゆるボンボンチョコ。
包み紙の柄は様々あり、異なる味のボンボンチョコとなっています。
いかにもウィーン!といった定番ではありますが、品の良いパッケージはなので、お土産にぴったり!

レーバーの住所・アクセスや営業時間など

名称 レーバー
名称(英語) Reber
住所 Ludwigstraße 10-12 83435 Bad Reichenhall
営業時間・開場時間 Cafe Reber:月-土 9:00-18:00, 日 14:00-18:00
利用料金や入場料 Mozart -Piano 220 g :12,50ユーロ
参考サイト
詳細はこちら

最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#2 ウィーンで最も人気が高い地ビール「オッタクリガー」

オッタクリガー(Ottakringer)は、ウィーンで最も人気があり、売れているビール。
辛口でスッキリとしたオッタクリガーは、地元のスーパーなどでも手軽に手に入ることもあり、お土産として人気大!大人のお土産にいかが?

オッタクリガーの住所・アクセスや営業時間など

名称 オッタクリガー
名称(英語) Ottakringer
住所 Ottakringer Pl. 1, 1160 Wien
営業時間・開場時間 月-金 9:00-19:00, 土 9:00-18:00
利用料金や入場料 Ottakringer:0.85ユーロ
参考サイト
詳細はこちら

最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#3 オーストリアを代表する「ザッハトルテ」

オーストリアにある、ホテル・ザッハのチョコトルテ「ザッハトルテ」は、オーストリアを代表する有名な菓子。
これほどまでに濃厚なチョコレートは、他では味わえない!ウィーンを訪れたら、味わうべき!

ホテル ザッハーの住所・アクセスや営業時間など

名称 ホテル ザッハー
名称(英語) Hotel Sacher
住所 Philharmonikerstrasse 4, A-1010 Vienna
営業時間・開場時間 8:00-24:00
利用料金や入場料 Original Sacher-Torte Größe Piccolo 12cm: 24.90ユーロ / 16cm: 34.90ユーロ / 19cm: 42,50ユーロ / 22cm: 48.90ユーロ
参考サイト
詳細はこちら

最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#4 美しい輝きを「スワロフスキー」

オーストリアで創業されたスワロフスキーは、言わずと知れた、クリスタルガラス製造会社。
ダイヤモンドにも負けず劣らずの輝きを放つスワロフスキーのクリスタルガラスを使用した、アクセサリーは勿論、キーホルダー、ボールペン、デコグッズなどの小物は、お土産として人気があります。

スワロフスキーの住所・アクセスや営業時間など

名称 スワロフスキー
名称(英語) Swarovski
住所 Kärntner Straße 24 1010 Wien
営業時間・開場時間 月-金 9:00-21:00 / 土 9:00-18:00
利用料金や入場料 商品による
参考サイト
詳細はこちら

最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#5 知らずしてウィーンは語れない?!ウィーン王宮御用達「デメル」

ウィーンにある菓子店「デメル」は、ウィーンで知らない人はいないほどの有名店。
なぜなら古くから、ウィーンの王宮御用達の店として名を知られているのです。
そんなデメルで売られている菓子は、どれも美味!お土産として人気が高いのは、可愛い舌を(描かれ)だした猫が目印のチョコレート菓子。
猫×ウィーンの香り漂う上品なパッケージが人気の秘密?

デメルの住所・アクセスや営業時間など

名称 デメル
名称(英語) DEMEL
住所 Kohlmarkt 14 1010 Wien
営業時間・開場時間 9:00-19:00
利用料金や入場料 Cats Tongue: 21.00ユーロ
参考サイト
詳細はこちら

最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#6 上品な香り漂う贅沢な珈琲「ユリウス・マインル」

ユリウス・マインル(Julius Meinl)は、オーストリアの老舗珈琲メーカー。
高級珈琲としても知られており、お土産にはぴったり!ちなみに、ユリウス・マインルの奥様は日本人だそうで、36歳も離れた年の差カップルなんですよ!

ユリウス・マインル・アム・グラーベンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ユリウス・マインル・アム・グラーベン
名称(英語) JULIUS MEINL AM GRABEN
住所 Graben 19, 1010 Wien
営業時間・開場時間 月-金 8:00-19:30 / 土 9:00-18:00
利用料金や入場料 Coffee 250g : 7.99ユーロから
参考サイト
詳細はこちら

最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#7 贅沢なティータイムが楽しめる「デマー」

デマー(Demmer)は、オーストリアで有名な高級紅茶メーカー。
先に珈琲をご紹介しましたが、珈琲が苦手な方には、こちらがおすすめ。
ノンカフェイン紅茶などもあり、パッケージも、箱、缶、様々。
オシャレで品のある見た目から、お土産としても人気。

デマーの住所・アクセスや営業時間など

名称 デマー
名称(英語) Demmer
住所 Mölker Bastei 5, 1010 Wien
営業時間・開場時間 月-金 9:00-18:00 / 土 9:30-13:30
利用料金や入場料 Früchtetee (Cranberry) 100g : 4,20ユーロ
参考サイト
詳細はこちら

最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#8 自然の甘みがgood!「ダルボ ジャム」

ダルボ ダブルフルーツ フォレストベリージャム 200g | ジャム・コンフィチュール 通販

ダルボ ダブルフルーツ フォレストベリージャム 200g | ジャム・コンフィチュール 通販

全体の70%に果肉を使用した果実含有率の高いプレザープスタイル。平均糖度41度の甘すぎないな果実のナチュラルな風味をお楽しみ下さい。ラズベリー、ブラックベリー、ブルーベリー、ワイルドストロベリーをミックスしたベリー好きの方にはうれしい一品です。栄養成分100g当たり 熱量163KcaL、たんぱく0.9g、脂質0.5g、炭水化物38g、ナトリウム0mg

 

Amazonで見る

オーストリアチロル地方にあるダルボというジャム製造メーカーが作るジャムは、オーストリアのお土産として人気があります。
オーストリアのスーパーなどでも気軽に手に入るため、おすすめ。
様々な種類があるのでいくつかまとめて買うもよし!

ダルボの住所・アクセスや営業時間など

名称 ダルボ
名称(英語) Adolf Darbo AG
住所 Dornau 18 6135 Stans Austria
営業時間・開場時間 販売店舗による
利用料金や入場料 blackberry-cassis fruit spread 200g: 3.79ユーロ
参考サイト
詳細はこちら

最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#9 ウィーンで多く見かける「馬乳使用のコスメ」

マリウスというメーカーの商品をはじめ、オーストリアには多くの馬乳コスメが売られています。
敏感肌にも安心して使用できると、好評な馬乳コスメ、日本ではあまり見かけないので、お土産にしたら喜ばれるはず!

マリウスの住所・アクセスや営業時間など

名称 マリウス
名称(英語) MARiAS Salzburg
住所 Rechtes Salzachufer 30 5020 Salzburg Austria
営業時間・開場時間 販売店舗による
利用料金や入場料 Bio Handcreme, 50 ml:9.90ユーロ
参考サイト
詳細はこちら

最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#10 エリザベートが愛した菓子「スミレの砂糖漬け」

先にご紹介した「デメル」で売られている「スミレの砂糖漬け」は、そのまま食べるもよし、ミルク、白ワインなどに浮かべてもよし。
紅茶に入れれば一気に上品で高級な香りが広がり、ほんのり優しい甘さが、スミレの香りと共に口に広がります。
可愛いパッケージなので、お土産にぴったり!

デメルの住所・アクセスや営業時間など

名称 デメル
名称(英語) DEMEL
住所 Kohlmarkt 14 1010 Wien
営業時間・開場時間 9:00-19:00
利用料金や入場料 Candied Violets(スミレの砂糖漬け) 80g : 18.00ユーロ
参考サイト
詳細はこちら

最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#11 18世紀から続く伝統の技「プチポワン」

プチポワン(Petit Point)は、18世紀にウィーンで生み出された刺繍の技法で、細かく丁寧に仕上げられたプチポワンを使った、アクセサリー、雑貨などが、お土産として人気。
クロスステッチと似ているのですが、クロスステッチよりも、よりいっそう目が小さく細かいものになっており、そのため、絵画のような表現が可能だそうです。
一見高そうに見えますが、お手軽な価格の物もあるのでおすすめ!

マリア・シュトランスキーの住所・アクセスや営業時間など

名称 マリア・シュトランスキー
名称(英語) Maria Stransky
住所 Hofburg-Passage 2 A-1010 Wien
営業時間・開場時間 月-金 10:00-18:00 / 土・日・祝 10:00-17:00
利用料金や入場料 商品による
参考サイト
詳細はこちら

最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#12 お酒が苦手でも楽しめる「モーツァルト チョコレートリキュール」

 サントリーリキュール モーツァルト チョコレートクリーム 500ml: 食品・飲料・お酒

サントリーリキュール モーツァルト チョコレートクリーム 500ml: 食品・飲料・お酒

世界中で愛されるチョコレートクリームリキュール。チョコレートを贅沢に使用したとろけるおいしさ、本格チョコレートリキュールです。そのままロックでもお楽しみいただけます。モーツアルトの生誕地、オーストリア・ザルツブルグ産。食べるチョコレートと同じような厳選された素材で、チョコレート、クリーム、プレミアムチョコレートのナチュラルアルコールエッセンスを使用。最終工程では、モーツァルトの曲を聴きながら熟成されているという噂も。

 

Amazonで見る

ウィーンと言えばワイン、ビールなどの美味しいお酒も多いのですが、お酒が苦手な方でも楽しめるリキュールをご紹介。
こちらは、甘いチョコレートのリキュール。
アーモンド、ミルクチョコ、ビターなどの種類もあり、お好みの物をお選びいただけます。
そのまま飲むもよし、ミルクと割るもよしの大人のチョコレートは、ただ甘いだけじゃ満足できない、大人のお土産として人気。

モーツアルト社の住所・アクセスや営業時間など

名称 モーツアルト社
名称(英語) mozart
住所 Ziegeleistraße 29A 5020 Salzburg
営業時間・開場時間 販売店舗による
利用料金や入場料 20mlボトル:1-2ユーロ位
参考サイト
詳細はこちら

最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#13 ウィーンと言えば?音楽でしょ!「ヴィエナワールド」

ウィーンと言えば音楽!オペラ座の前にある「ヴィエナワールド(VIENNA WORLD)」には、楽譜、音譜をモチーフ、デザインに使用した様々なグッズが売られています。
文房具は勿論、バッグ、ポーチ、キャップ、食器、トイレットペーパーなど、バラエティーに富んだ品ぞろえが魅力。
きっとぴったりのお土産が見つかるはず!

ヴィエナワールドの住所・アクセスや営業時間など

名称 ヴィエナワールド
名称(英語) VIENNA WORLD
住所 Führichgasse, 1010 Wien
営業時間・開場時間 月-金 10:00-19:00 / 土 10:00-18:00 / 日11:00-19:00
利用料金や入場料 Svinčnik z radirko VW v obliki ključa:1.9ユーロから
参考サイト
詳細はこちら

最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#14 思わず手が出る…「オーストリア チョコチップス」

[オーストリアお土産] オーストリア チョコチップス 6個 (海外 みやげ オーストリア 土産) | チョコレート菓子 通販

[オーストリアお土産] オーストリア チョコチップス 6個 (海外 みやげ オーストリア 土産) | チョコレート菓子 通販

こちらは、ライスクリスプにチョコレートをコーティングした、思わず止まらなくなるようなサクサク感がたまらない菓子。
パッケージには、モーツァルト像が描かれており、ウイーン感もバッチリ!価格も安いとあって、ばらまきのお土産として人気。

#15 ウィーンと言えば芸術も忘れちゃいけない!「クリムト 接吻」

ウィーンと言えば、音楽、そして芸術の街。
中でも、ウィーンで有名なのが「グスタフ・クリムト」という画家で、パズル、カレンダー、ポストカード、ポスターなどで、よく見かける、クリムトの代表作「接吻」という題の絵が描かれたグッズが、お土産として人気です。

#16 切っても切り離せない!オーストリアと「岩塩」

バートイシュル(BAD ISCHLER)の岩塩は、お土産として大人気!なぜ、オーストリアの土産で岩塩?と思われるかもしれませんが、そもそも、ザルツブルグの「ザルツ」は「SALZ=塩」を意味しており、遥か昔より「塩」で栄えた街なんですよ。
そんなトリビアと共に、バートイシュルの岩塩をお土産にいかが?様々な珍しい風味の岩塩が取り揃えられているので、選ぶのも楽しい!

バートイシュルの住所・アクセスや営業時間など

名称 バートイシュル
名称(英語) BAD ISCHLER
住所 Steinkogelstr. 30, 4802 Ebensee
営業時間・開場時間 販売店舗による
利用料金や入場料 BAD ISCHLER salt mixed with garlic:2.59ユーロ / BAD ISCHLER 7 Herbs Salt:3.19ユーロ
参考サイト
詳細はこちら

最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#17 ウィーン土産の定番!「ヨハンシュトラウス ウエハース」

[オーストリアお土産] ヨハンシュトラウス ウエハース 1箱 (海外 みやげ オーストリア 土産) | ウエハース 通販

ヨハンシュトラウスの名曲「美しき青きドナウ」にちなんだパッケージが目印のウエハースは、ヘーゼルナッツのクリームとサクッと軽いウエハースが人気の一品。
ウィーン土産の定番として親しまれています。
何を買おうか迷ったら、買っておいて間違いなし!

マナーの住所・アクセスや営業時間など

名称 マナー
名称(英語) Manner
住所 Stephansplatz 7 Ecke Rotenturmstraße A-1010 Vienna
営業時間・開場時間 10:00-21:00
利用料金や入場料 Manner Original Neapolitan Wafers 4 pcs: 2.99ユーロ
参考サイト
詳細はこちら

最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#18 他では味わえない!現地の人も勧める「アプリコットジャム」

オーストリア北部ヴァッハウ地方では、美味しいアプリコットジャムが作られています。
ウィーンを訪れた際にも、ジャムを目にすることがあるかと思いますが、ぜひ、農家で作られたアプリコットジャムをおすすめします!

Bio Imkerei Loidlの住所・アクセスや営業時間など

名称 Bio Imkerei Loidl
名称(英語) Bio Imkerei Loidl
住所 Doris und Gerhard LOIDL 3552 Dro゚, Dro゚erstra゚e 297 AUSTRIA
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 Wachauer Bio Marillenmarmelade 250g: 5.50ユーロ
参考サイト
詳細はこちら

最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#19 女性だったら一度は着てみたい?「ディアンデル」

オーストリアの民族衣装「ディアンデル(Dirndl)」は、エプロンが付いたワンピース(スカート)のこと。
民族衣装だけあり、どことなくカントリーな可愛さのあるものが主流ですが、中には、ドレッシーなデザインの物も売られています。
現地で調達して、すぐさま着て出かける、なんて観光客も少なくなく、お土産としても人気。
ちなみに、男性用は、レーダーホーゼン(Lederhosen)というズボンになります。

#20 オーストリアの特産品を使用した「ハニーアップルビネガー」

[オーストリアお土産] シシィ ハニービネガードリンク (海外 みやげ オーストリア 土産) | お酢飲料 通販

シシィのハニービネガードリンクは、お酒・炭酸水で割って飲んだり、ドレッシングにしたりと重宝する、飲むビネガーです。
オーストリア特産のリンゴ酢とハチミツの絶妙な組み合わせが人気の一品。
酢は体に良いことから、男女問わずお土産としても人気。

さあ、ぴったりのお土産を探しに出かけよう!

ウィーンのお土産ならこれ!という事で、数ある商品の中から厳選した、お土産にぴったりの20の商品をご紹介してまいりました。
どんなものを誰に贈ろう?なんて、考えるのも楽しいものですが、自分へのお土産も忘れずに!

 

 

参照元➡ wondertrip(ワンダートリップ)

東京ミシュラン5ツ星ホテル11選

オーストリア旅行で絶対に買いたい!オーストリアの人気&おすすめのお土産・雑貨5選

関連記事

  1. イタリアのフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州で訪れたいおすすめ観…

    イタリア北東部に位置するフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州。イタリアの主要観光地と比べるとあまり…

  2. ハワイ・カイルアで絶対外せないトレッキングスポット「ラニカイリッ…

    オアフ島カイルアの「ラニカイリッジ トレイル」は、オアフ島の絶景を見ることができるトレッキン…

  3. コソボに行ったら絶対に訪れたい人気&おすすめの観光スポット7選

    バルカン半島中部のコソボはおすすめの観光地です。コソボには沢山の観光スポットがありますが、中でも…

  4. ハワイ旅行の絶対に喜ばれるおすすめのお土産15選

    みんな大好きハワイ。一年中温暖な気候のハワイは年末年始の旅行で訪れる方も多いのでは?今回はそんな…

  5. オーストラリア旅行に行ったら絶対に買いたい!オーストラリアの人気…

    オーストラリアのお土産ならこれ!という事で、オーストラリアで売られているお土産にぴったりの商品を厳選…

  6. バリ島からたった1時間の秘境離島「ペニダ島」は想像を絶する美しさ…

    女子旅で定番の旅先といえば、ご存知東南アジア・インドネシアの「バリ島」。そんなバリ島からたっ…

  7. ミラノの人気&おすすめ観光スポット15選

    ミラノのおすすめ観光スポットはミラノ大聖堂(ドォオーモ)や最後の晩餐などが思い浮かびますが、他にも歴…

  8. オーストラリア・シドニーで行きたい!流行の最先端のお洒落カフェ1…

    シドニーのイメージって多くの方が”ビーチ”や”オペラハウス”だと思います。実はシドニーはおしゃれ…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss