イランの世界遺産「チェヘル ソトゥーン宮殿」はパラダイスの発祥!

ここがパラダイスの発祥!イランの世界遺産「チェヘル ソトゥーン宮殿」

チェヘル ソトゥーン宮殿(Chehel Sotun Palace)は、イランイスラム共和国(通称イラン)の首都テヘランの南に位置する古都イスファハンに所在する人気観桜スポットです。計20本の柱が池に映って40本に燃えたことから「チェヘル ソトゥーン(40本の柱)」と呼ばれる、サファヴィー朝の第7代シャーアッバース2世の宮殿で、迎賓館として1657年に建設されました。チェヘル ソトゥーン宮殿は、1979年(昭和54年)には「スファハンのイマーム広場」として、2011年にも「ペルシャ式庭園」として世界遺産に登録されています。

チェヘル ソトゥーン宮殿とは

チェヘル ソトゥーン宮殿(Chehel Sotun Palace)は、イランイスラム共和国(通称イラン)の首都テヘランから南に約330キロ、イラン高原中央部の古都イスファハンにある観光名所です。サファヴィー朝の第7代シャーアッバース2世(Abbas II)によって1657年に建設されたペルシャ式庭園で、屋根を支える20本の柱が特徴です。正面の池に建物が映り込むことから、「チェヘル ソトゥーン(40本の柱)」と呼ばれます。
チェヘル ソトゥーン宮殿は、イランの真珠 とも称される「イスファハンのイマーム広場(Meidan Emam,Esfahan)」の一部として1979年(昭和54年)のユネスコ世界文化遺産に登録されました。イマーム広場からは徒歩10分ほどの距離で、現在は内部が歴史博物館として一般に公開されています。

パラダイスの原型「ペルシャ式庭園」

イラン国内には、チェヘル ソトゥーン宮殿を含む9つのペルシャ式庭園が世界遺産に登録されています。ペルシャ式庭園の歴史は古く、紀元前4000年代にまでさかのぼります。古来より砂漠に囲まれ極度に乾燥したペルシャでは、満々と水を湛える泉や水路を備えた「パエリダーサ」呼ばれる空間が造営されていました。これが日本語で「楽園」と訳されるパラダイス(paradise)の語源とされています。
イマーム広場の西側はサファヴィー朝の王宮エリアで、かつてチェヘル ソトゥーン宮殿の周辺には他にもたくさんの宮殿があったようです。チェヘル ソトゥーン宮殿はそのうち最大の建物で、迎賓館として使用されていました。柱に貼られていたというガラスは剥がれて派手さこそないものの、細密な幾何学模様のモザイクが魅力的です。

列柱開放広間と蜂の巣天井

平屋根がたくさんの頭に支えられた開放広間“ターラール”を過ぎると、その奥はイスラム建築の象徴ともいえる“エイワン”です。天井の独特のデザインから、「鍾乳石飾り」とか「蜂の巣天井」とか呼ばれることもありますが、チェヘル ソトゥーン宮殿のエイワンは連続した窪みが特徴的な“ムカルナス(muqarnas)”というスタイルです。ガラス張りの壁面と黄金色の天井で、宇宙の広がりを思わせるような空間になっています。
チェヘル ソトゥーン宮殿が建てられた17世紀のイランは、木材(プラタナス)を輸出してイタリアからベネチアングラスを輸入していました。ラクダでシルクロードを進む途中で壊れてしまったガラスが、ミラーワークに利用されるようになり、ペルシャ独自の文化として発達したともいわれます。完成当時のチェヘル ソトゥーン宮殿は、柱やエーワンのほかにも随所にガラスワークが施されていたようです。

サファヴィー朝の栄華を伝える壁画

王座を飾る6枚の巨大な壁画は、チェヘル ソトゥーン宮殿の見どこのひとつです。中央アジアからの使者と宴会で酒を酌み交わす王さまの様子や、戦いの模様が精密なタッチで壁一面に描かれています。イスラム教の国で王さまが飲酒というと不思議な感じですが、イランで明確に飲酒が禁じられるようになったのは1979年(昭和54年)のイラン革命以後で、比較的最近になってからのことです。
インドとの戦いではゾウに載った兵士の姿が見えます。白馬にまたがって果敢に戦いを挑むのは、16世紀初頭にイラン全域を支配したサファヴィー朝の建国者イスマーイル1世で、ウズベク人の指導者シャイバーニーと闘って勝利を治めた1510年の戦いを描いたものです。サファヴィー朝は、もともとトルコ系遊牧民の騎馬軍団で、神秘主義教団サファヴィー教信徒による国家です。

いかがでしたか

2011年にはイランの世界遺産「ペルシャ式庭園」のひとつにも数えられた、チェヘル ソトゥーン宮殿をご紹介しました。イスラム革命の影響で破損したところもありますが、建設当時の面影を随所に残す見どころたっぷりのスポットです。

基本情報

所在地:Isfahan Province, Isfahan, دروازه دولت) خیابان سپه، Imam Hossein Square،
TEL:+98 31 3222 0181
営業時間:9:30~16:30
料金:5000 IRR
アクセス:Municipal bus station下車

イランの古都イスファハンの人気観光スポット「ハージュ橋」

バルト三国・IT先進国エストニアの首都「タリン」は、おとぎの国のような可愛い世界遺産の街

関連記事

  1. フランス・パリ旅行を最大に楽しむためのヒント!おすすめの観光スポ…

    次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅…

  2. いつか体験してみたい!アムステルダム近郊にある古都ハーレムで運河…

    ニューヨーク&#…

  3. イタリア4都市(ミラノ・ベネチア・フィレンツェ・ローマ)を1週間…

    魅力がたくさんの国、イタリア。今回は、その中でも大人気な4都市「ローマ」「フィレンツェ」「ミラノ…

  4. ドイツのシンデレラ城のモデルになったと言われる「ノイシュバンシュ…

    女の子の憧れ、ディズニーのプリンセスになれちゃう!?シンデレラ城のモデルとなったといわれている”…

  5. 国内・海外のインスタジェニックな人気スポットランキングBEST5…

    最近はやっている「インスタジェニック」という言葉をご存知ですか?写真を投稿して世界中に共有できる…

  6. カンクンだけじゃない!メキシコの人気&おすすめのリゾート5選

    まだ、あまり知名度が低いメキシコのリゾート地ですが、カリブ海と太平洋に挟まれたその大地はマヤ文明…

  7. ニューヨークに行ったら絶対に訪れたい人気&おすすめベーグル専門店…

    ニューヨークの名物グルメの一つであるベーグル。日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、本場ニ…

  8. 一度は泊まってみたい!アジアを代表するビーチリゾート・海南島(中…

    そろそろやってくる夏休み!せっかくならビーチリゾートへ行って一生に一度しか味わえないような憧れの…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss