アジアで話題のビーチリゾートで見つけた!海南島のフォトジェニックなスポット9選

アジアで話題のビーチリゾートで見つけた!海南島のフォトジェニックなスポット9選

中国南部にある「海南島」は中国のハワイと呼ばれるほど美しい海と中国屈指のビーチリゾートが満喫できるリゾート地。フォトジェニックなスポットが島中に溢れている今注目のアジアンリゾートなのですが、実はまだ日本人には知られていない穴場なスポットなんです。今回はそんな海南島で話題のフォトジェニックなスポットを厳選してご紹介。夏のリゾート旅行に向けてぜひ参考にしてみて下さいね。

海南島ってどんなところ?

提供:海南省旅遊・文化広電体育庁
中国最南端の南シナ海に浮かぶ「海南島」は年間を通して温暖で過ごしやすく、中国でもっとも綺麗なビーチがあることから中国のハワイとも呼ばれる人気のビーチリゾート。ベトナムや香港にも近く、ここは本当に中国?と思ってしまうようなフォトジェニックなスポットが溢れている女子旅にぴったりな旅行先なんです。
提供:海南省旅遊・文化広電体育庁
また近年世界的なラグジュアリーホテルも続々と進出、さらに2019年2月には関西から海南島の玄関口「海口(ハイコウ)」への直行便の就航も始まり今後ますます注目されるアジアンリゾート。今回はそんな海南島で見つけたフォトジェニックなスポットを9ヵ所ご紹介。これを読んだらすぐにでも行ってみたくなるかも!

①▷ムービータウン・ハイコウ

提供:海南省旅遊・文化広電体育庁
まるでオールドチャイナの世界にタイムスリップしてしまったような街並みが広がるこちらの場所は、2014年にオープンした大型ムービーテーマパーク「Movie Town Haikou(ムービータウン・ハイコウ)」。テーマパークでありながら大型撮影スタジオも併設されていて実際に映画の撮影も行われているんです。
提供:海南省旅遊・文化広電体育庁
50~60年代の北京の街が再現されている「老北京風情街」、かつての人気映画の世界を完全に再現した「1942風情街」、中国と海外の建築スタイルをミックスした南洋スタイル建築が70棟以上並ぶ「南洋街」の3つのエリアはどこを撮っても写真映えすると、今SNSでも話題になっている注目のスポット。
提供:海南省旅遊・文化広電体育庁
パーク内では馬車で移動したり、実際の街と同じようにカフェやショップでローカルグルメを堪能したりお土産探しをしたり楽しみ方も様々。またチャイナドレスやシノワズリな衣装がレンタルできる貸衣装店や撮影スタジオもあり、映画の主人公になった気分で本格的な撮影も体験できます。

②▷海南熱帯野生動植物園

提供:海南省旅遊・文化広電体育庁
中国と言えばやっぱり会っておきたいのはあの可愛らしい動物!海口市にある「海南熱帯野生動植物園」は中国の熱帯地域で初めてジャイアントパンダの飼育を始めた珍しい動物園。2018年に四川省から来た兄弟パンダ「貢貢(ゴンゴン)」と「舜舜(シュンシュン)」が大人気。2匹でじゃれあったりエサを食べている可愛らしい姿は何時間みていても飽きないくらい!その姿はまさにフォトジェニック。
提供:海南省旅遊・文化広電体育庁
直接エサやり体験ができるキリンの楽園も人気!ほかにもサファリナビゲーションカーに乗って猛獣のすぐそばを移動するサファリアエリア、熱帯雨林が忠実に再現されている植物エリア、またライオンとトラを掛け合わせた世界的にも珍しい4つ子の“ライガー”など魅力いっぱいの動植物園です。

③▷三亜(サンヤ)南山海上観音

提供:海南省旅遊・文化広電体育庁
中国らしいスポットなら海南最大規模の仏教テーマパーク「南山文化旅遊区」へ。金やダイヤモンドを使った黄金に輝く観音像や、海に向かって立つ壮大な南山寺など見どころがたくさんある人気の観光スポットです。中でも最もインパクトがあるのは、まるで海に浮かんでいるかのように見える高さ108mの海上観音聖像。
提供:海南省旅遊・文化広電体育庁
遠くから見ると海に浮かんでいるように見えますが、実は南山寺から橋で繋がっているのですぐ真下まで歩いて近づくことができるんです。カメラに収まりきらないほどの大きさとその神々しい姿は圧巻の一言。
提供:海南省旅遊・文化広電体育庁
また「南山文化旅遊区」には精進料理のレストランもあり、伝統的な宮廷精進料理を民間の精進料理を融合させたオリジナルの精進料理がいただけるんです。きのこや大豆などに加え、海南島で採れる季節の野菜や果物をふんだんに使っていて栄養面はもちろん料理ひとつひとつの盛り付けもとても美しく芸術的。三亜を訪れたらぜひ立ち寄ってみて!

④▷三亜(サンヤ)康年ホテル

提供:海南省旅遊・文化広電体育庁
リゾートホテルが続々とオープンしている三亜には日本では味わえない魅力的なホテルもいっぱい。三亜鳳凰国際空港や三亜市街地にも近く、ビーチは徒歩すぐ!と言う三亜を満喫するのに絶好の場所にあるのは2017年にオープンした「三亜康年ホテル」。オーシャンビューのお部屋からは三亜湾の綺麗な海が広がる贅沢な時間が過ごせると人気のホテルです。
提供:海南省旅遊・文化広電体育庁
実はこの三亜康年ホテルの人気の秘密はもう一つ。それは屋上にある三亜湾のパノラマ絶景が堪能できる1,200㎡のインフィニティプールと、地上70mの高さにある宙に空に浮いた透明なプール!プールサイドのバーでカクテルを飲んだり、吸い込まれそうな空と海を眺めながらのんびり過ごしたり。海南島でロマンチックな時間が過ごしたいならぜひ三亜康年ホテルに泊まってみて!

⑤▷蜈支洲(ウージージョウ)島コーラルリゾート

提供:海南省旅遊・文化広電体育庁
よりアクティブに海南島を満喫したいなら離島へのショートトリップもおすすめ!三亜郊外の港から高速フェリーでわずか20分程で行ける「蜈支洲島」は島の形状がハートに見えることもあって別名は恋人の島を意味する「情人島」。結婚写真の撮影などカップルに人気のロマンチックなスポットの宝庫なんです。
提供:海南省旅遊・文化広電体育庁
中でもSNSで話題なのは蜈支洲島のビーチリゾート「珊瑚酒店(コーラルホテル)」にある流木で作られた大きなLOVEやKISSのモニュメント!フォトジェニックな写真が撮れること間違いなしの素敵なビーチ。是非探してみて下さいね!
提供:海南省旅遊・文化広電体育庁
また蜈支洲島は海の透明度が高くダイビングスポットとしても人気。パラセーリングや水上スキーなどのマリンスポーツ、海底散歩や観光潜水艇などのマリンレジャーも充実しているので、フォトジェニックなスポットと併せてアクティブな離島トリップを楽しんじゃいましょう!

⑥▷西島

提供:天涯西島
まだ観光客にあまり知られてない穴場な離島を訪れてみたいなら三亜湾に浮かぶ「西島」に訪れてみては?漁業を営む家族の多く、ゆったりとした時間が流れる西島。こちらでは廃棄された漁船やサンゴ礁で造られた100年以上前の住宅などをリノベーションしたアートの村を楽しむことができるんです。
提供:天涯西島
中でも注目なのはかつての漁船3隻をつなげて海に浮かべたユニークな書店の「海上本屋」。公共図書館や宿泊施設も併設されていて、読書スペースやイベントスペースも充実。波に揺られながら心地よい時間が過ごせます。
提供:天涯西島
リゾートホテルとは違ったローカルな雰囲気を堪能したいならサンゴ礁を積み上げて造った築100年以上の伝統家屋をリノベーションした民宿がおすすめ!そして同じく歴史ある古い家屋をリノベーションした「おもしろい雑貨店」で西島ならではのお土産を探していくのも楽しい!

⑦▷ヤロンベイ トロピカル パラダイス フォレスト パーク

提供:海南省旅遊・文化広電体育庁
海南島ならではの絶景を堪能したいなら熱帯雨林の森がおすすめ。海南島屈指の絶景ビーチ「亜龍湾(ヤロンベイ)」を望む場所にある海南省最初の森林保護区「亜龍湾熱帯天堂森林公園(ヤロンベイ トロピカル パラダイス フォレスト パーク)」に2018年夏、オープンしたのは全長400メートルの全面ガラス張りの展望回廊!
提供:海南省旅遊・文化広電体育庁
最高点は海抜450メートルで、頂上に突き出たガラスの展望台や全面ガラス張りの回廊はまるで空中に浮かんでいるかのようなスリルが味わえる絶叫&絶景スポット。足元には熱帯雨林の森、目の前には綺麗な海が広がる360度の絶景が楽しめるスポットです。
提供:海南省旅遊・文化広電体育庁
回廊の途中に現れるのはレインボーカラーのガラス板の階段。スリル満点なだけじゃなく、絶景も楽しめる上に圧倒的にフォトジェニック!ほかにも森の中に点在する「鳥の巣」のようなリゾートホテルや映画のロケ地にもなった全長が168メートルもの吊り橋など見どころも満載の森林公園。亜熱帯の森で泊まり時間を気にせずゆったり過ごすのもおすすめです。

⑧▷ヤノダ熱帯雨森林公園

提供:海南省旅遊・文化広電体育庁
アクティブ派におすすめなのは三亜市内から車を使って1時間ほどで行ける「ヤノダ熱帯雨林公園」。熱帯雨林トレッキングや海南島一長いジップラインが楽しめることで人気の森林公園です。そこに2018年8月にオープンした新アトラクションは、高さ300メートルの断崖から飛び出すスリル満点のブランコ!
提供:海南省旅遊・文化広電体育庁
最大150度のスイング角度で熱帯雨林を飛び出して、空と海のパノラマ絶景を独り占めできる約3分間の空中散歩。2台のブランコが並んでいるので友達と同時に楽しむこともできます。思いっきり叫んで日頃のストレスを一気に吐き出してしまうのもいいかも!

⑨▷呆呆(ダイダイ)島

提供:海南省旅遊・文化広電体育庁
美しいビーチがたくさんある海南島ですが、人気のビーチには観光客も多いもの。もっとゆったり自分たちだけの時間を過ごしたいなら南湾半島西南部の沿岸エリアにある「呆呆島」はいかが?1日に入場できる人数が制限されていて、そのままの自然が残っている小さな島。“何もしない贅沢ができる島”と言う意味があるそう。
提供:海南省旅遊・文化広電体育庁
呆呆島にある七彩ビーチは真っ白な砂浜に青い海とのどかな風景が広がる「中国で最も美しい無人のビーチ」と言われている場所。ビーチには古い漁船やカラフルなビーチチェアやパラソルがさり気なく置いてあり写真映えも抜群。カップルにも女子旅にもおすすめの“秘密にしたい”フォトジェスポットです。

海南島にはインスタ映えする写真スポットがたくさん!

提供:海南省旅遊・文化広電体育庁
いかがでしたか?海南島にはビーチリゾートならではのスポットから中国らしいスポットまでインスタ映えするスポットがたくさん。ぜひ次の女子旅では海南島でフォトジェニックな旅を満喫して下さいね!

中国の“ハワイ”『海南島』の絶景スポット6選

海南島に行ったら絶対に食べたい絶品グルメ6選 人気のチキンライスからトロピカルフルーツnoスイーツまで

関連記事

  1. タイ旅行で訪れるべきバンコクとその周辺のおすすめ観光スポット7選…

    微笑みの国【タイ】。タイには寺院や仏像など、有名な観光スポットが数多くあります。でも観光スポット…

  2. スイスで最も美しい街・古都ルツェルンの人気&おすすめ観光スポット…

    みなさんはスイスの古都・ルツェルンをご存知でしょうか?実はスイスの観光といえば、ルツェルンと言う…

  3. ここは絶対外せない!初めてのハワイ・オアフ島でおさえておきたい1…

    夏休みの旅行先はもう決まりましたか?やはり夏と行ったら「南国」ですよね。常夏の島であるハワイは、…

  4. 「USS(ユニバーサル・スタジオ・シンガポール)」の5つの魅力!…

    USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)は大阪舞台にいつも多くの人で賑わっていますよね。実はUSS…

  5. プーケットのパトンビーチで遊んで食べて癒される1日プラン

    タイはもちろん、アジアの中でも人気のビーチリゾートであるプーケット。物価も安く、時差もたったの2…

  6. 世界中にある歩いて渡れる現代アート・ユニークすぎる歩道橋7選

    みなさん、橋は好きですか。世界にはたくさんの橋があり、それぞれに個性があります。その中でも、特に…

  7. ハワイ・オアフ島の絶品ご当地グルメが楽しめるおすすめランチスポッ…

    ハワイに行ったらやりたいことがたくさん。観光地巡りや、シーアクティビティ、ショッピングなどで楽し…

  8. ハワイで絶対に訪れたい人気&おすすめの絶景ビーチ7選

    誰もが一度は行ってみたいリゾート地、ハワイ。今年の夏の旅行で訪れる人も多いのではないでしょうか。…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss