さぁ今すぐ行こう!予約不要で新潟の酒蔵めぐりが出来るおすすめスポット6選

「美味しい日本酒の聖地である新潟に来たから酒蔵めぐりをしたかったけれど、ほとんど事前予約必須だった・・・・」と、がっかりしたそこのアナタ!大丈夫です。当日でも行けて、なおかつ酒蔵見学を土日もやっている超オススメの蔵元があります。また、最後のページには「そんな所知らなかった・・もう新潟駅まで来ちゃったよ」という方も必見。なんと駅の中で新潟の酒蔵めぐりが出来てしまうスポットもご紹介します。さぁ今すぐ酒蔵見学に行きたい方も、土日で予約時間を気にせず行きたい方も、新幹線の空き時間がある方も、皆まとめて要チェック!

①玉川酒造 株式会社 ゆきくら館/魚沼市(うおぬまし)

酒蔵見学が初めての方にもオススメ!無料なのに見学内容は随一

画像はイメージです。

雪を使って低温貯蔵している「ゆきくら」。全国でも見学が出来るのは、なんとここだけ!温度が一定で湿度が高く、振動が少ない雪の蔵は日本酒を熟成させるのに最適なんだそうです。酒蔵見学では中にも入れます!室温は2℃~3℃。夏には冷た~い体験になりそうですね。もちろん日本酒を造っている「造り蔵」も見学ができます。ここでは実際に使っている機械や道具を見ながら、説明を受けます。蔵の中へ入ると日本酒の良い香りがします!青いタンクは美味しい日本酒がみっちり入っています。

常時10種類以上はあるという試飲!

画像はイメージです。

試飲ブースには担当の方がいるので、自分の好きな日本酒のタイプやオススメを相談しながら呑むのも良いですね!冬期間(12月~4月)はしぼりたての「生原酒」も試飲できます。お土産の一本を買って帰るのもおすすめ。

最後はお土産ブースでお買い物

試飲をしてお気に入りのものが見つかったらぜひ手に入れましょう。ここでは日本酒の他に、酒ケーキや酒まんじゅう、自家製酒粕を使った雪蔵漬も人気です。お酒が苦手な方にもオススメです。
この「越後ゆきくら館」は数ある蔵元の中でも、見学箇所がダントツで多いのが特徴。ここには載せきれませんでしたが、敷地内には玉川酒造の前身である国重要指定文化財の「目黒邸」見学や、裏山から湧き出る仕込み水の試飲も出来ます。また、7月~8月は「夏の雪中酒祭り」が開催されているので、この夏しか飲むことの出来ない蔵出しの日本酒がゲットできるチャンス!
【玉川酒造株式会社 ゆきくら館】
住所:新潟県魚沼市須原1643
電話番号:025-797-2017
定休日:1月1日のみ
営業時間:9:00~16:00まで
予約:不要、一人でも見学が可能です(※10名以上の団体のみ必要)
見学料:無料
駐車場:乗用車12台、大型バス6台
アクセス:関越自動車道小出ICより車で25分
JR只見線須原駅下車徒歩5分

キーワードは「自然」「手造り」「学校蔵」

画像はイメージです。

「自然」がとても豊かな佐渡島にある尾畑酒造。佐渡島は魚沼と並ぶ稲作地で、蔵元が契約している農家は小佐渡山脈の麓にあり、通称「山付きの米」が採れるそうです。この「山付きの米」は冷たい清水で育つため収穫量は少ない代わりに、その品質は平野部の米より格段上のものなんだとか。
なんと東京23区の約1.5倍の広さがある佐渡。冬になると山々は白く染まり、その雪解け水が地中へ染み込み軟水となって井戸へと貯まります。その仕込み水が美味しい日本酒を造る秘訣。

画像はイメージです。

現代では大量生産や合理化を考え、大半が杜氏の冬期間泊まり込みが廃止されている所が多いなか、尾畑酒造ではシーズン中は、杜氏が泊まり込みで早朝仕込みを行います。寒い冬の間でもより温度の低い早朝に仕込みを行うことでより美味しい日本酒に仕上がるそうです。

画像はイメージです。

佐渡にある旧西三川小学校。日本で一番夕陽がきれいな小学校と言われていましたが2010年に閉校。しかし、地域のコミュニティでもあった場所を再生させたいという思いから、2014年に尾畑酒造が新たに酒造りの場として再生。現在メディアでも話題となっています。
「自然」「手造り」「学校蔵」がキーワードの尾畑酒造。現代の酒造りにおいて、伝統を受け継ぎながらも常に新しい可能性を探っている姿勢が窺われます。酒蔵見学ではこうした施設を見ることが出来るほか、銘酒の並ぶ試飲コーナー、売店ではお酒の他にもオリジナルのお菓子や、自家製の粕漬を購入することが出来ます。団体客やバスツアーの立ち寄りスポットにもなっているまさに「アルコール共和国」の尾畑酒造は、佐渡へ来たら是非立ち寄ってみたいですね。
【尾畑酒造株式会社 真野鶴】
住所:新潟県佐渡市真野新町449
電話番号:0259-55-3171
定休日:年中無休
営業時間:8:00~17:00まで
予約:不要、(※団体のみ必要)
見学料:無料
駐車場:乗用車30台、大型バス10台
アクセス:両津港および小木港より車で約30分

カップルにもおすすめ!魅せ方にもこだわったスタイリッシュな酒蔵

道路拡張にともない建物を改築した「今代司酒造」ですが、1767年から酒造りを行っています。因みにこの蔵、釘を一本も使わず宮大工さんに造ってもらったそうです。歴史を感じる建物と現代風のアレンジを加えた蔵はとにかく素敵です。

火入れの釜も使い込まれていて良い色合いです。火入れというのは、出来たてホヤホヤのお酒の一次発酵を止めて加熱殺菌すること。この火入れをしない生酒も造られますが、ほとんどのお酒が加熱されています。
甘酒もあります。酒蔵でいただく甘酒はスーパーで売っている缶の甘酒とは大違い!香りも口当たりも正に本物。アルコールが入っていないのでお子さんにも安心ですね。

「とにかくオシャレ」のひと一言に尽きます

「今代司酒造」の特徴は、とにかくスタイリッシュであること。建物はもちろんですが、商品や展示品のディスプレイをはじめ、説明用のパネルや日本酒のラベル、紙袋に至るまで、思わず手に取ってみたくなる、そんなデザインなのです。例えばお客さんから見やすいように商品は映えるように置く。一見当たり前のような事ですが、こういった細かい所まで気を配ることの出来る酒蔵こそ、その人気の秘密の理由であると思います。酒造りにこだわるからその周りもこだわる、あぁ素敵です!
【今代司酒造】
住所:新潟県新潟市中央区鏡が岡1-1
電話番号:025-245-3231
定休日:12月31日~1月3日
営業時間:9:00~17:00まで
予約:推奨だが当日予約でも可能
見学料:無料
駐車場:乗用車台10台、大型バス3台
アクセス:北陸自動車道「新潟西IC」より車で15分
JR新潟駅より車で7分

④越後桜酒造 株式会社 白鳥蔵(えちござくらしゅぞう)/阿賀野市

すぐそこに麹がある!本当に間近で見学が出来るところが人気です

この「越後桜」を造っている蔵元です。新潟中越沖地震を経験し、2009年に全部の蔵を建て替えた「越後桜酒造」。蔵のある阿賀野市山口町は白鳥の飛来地であることから、新しい蔵は「白鳥蔵」と名付けられました。

蔵出しの生しぼりの試飲と利き酒クイズに参加しよう

画像はイメージです。

利き酒クイズもやっています。興味がある方はぜひ挑戦してみてください。大規模な工事を行い、大吟醸酒なら1800KLの製造が可能になって一段とレベルアップした「越後桜酒造」。その背景には蔵元の造る大吟醸の絶対的な人気があると言えるでしょう。お土産にオススメなのは「蔵出し生しぼり」と「アロニア甘酒(ノンアルコール)」両方とも酒蔵限定商品です。他にも酒ゼリーやお菓子の販売もあるので迷ってしまうこと間違いなし。
【越後桜酒造株式会社 白鳥館】
住所:新潟県阿賀野市山口町1丁目7番地13号
電話番号:0250-62-2033
定休日:毎週月曜日
営業時間:10:00~16:30まで
予約:不要(※団体のみ一週間前に要予約)
見学料:無料
駐車場:乗用車台10台、大型バス1台
アクセス:日本海東北自動車道「新潟亀田IC」より車で20分
JR羽越線「水原駅」より車で約5分、徒歩で15分

創業200年以上の歴史を感じられる酒造です

画像はイメージです。

「市島酒造」の総本家である「市島家」は1790年代の創業で約200年以上前から大地主なんだとか。創業当初は諏訪神社の前に酒蔵を構えていたことから「諏訪盛」という銘柄だったそうですが、四代目が王家の紋章に魅せられて「王紋」の銘柄になったそう。そんな歴史のある酒造です。

平成26酒造年度 全国新酒鑑評会2年連続金賞受賞!

現在、市島酒蔵では酒造りをしている杜氏を含め、従業員と蔵人全員がなんと「酒造技能士検定1級」を取得しているそうです!また、その全員が地元新潟の阿賀北地区出身。地元の米を、地元の人間が使って仕込むお酒はとても郷土愛を感じます。

少し疲れたら一休みしましょう

画像はイメージです。

併設する「御茶処いちしま」。抹茶や門前小餅を食べて、次の酒蔵めぐりまでの英気を養いましょう。手入れのされた庭園を見ながらお食事もいただけます。
酒蔵めぐりというと、酒造りに注目がいきがいちですが、「市島酒造」は約200年以上前の歴史的なお宝や、昔使われていた道具の展示もあり見応え十分。また、見学自由なので、開館中は自由に出入りできるところがおすすめです。少し疲れたら「御茶処いちしま」で一休みをして贅沢な時間を過ごすのも良し、お土産とお酒を売っている「夢蔵」でアルコールが1%未満で優しい甘さが人気の日本酒ジェラードを食べるもよし、ここはでは是非まったりしながら酒蔵めぐり・・・なんていかがでしょうか。
【市島酒造株式会社】
住所: 新潟県新発田市諏訪町3-1-17
電話番号:0254-22-5150
定休日:12月31日~1月3日
営業時間:9:00~16:00まで
予約:不要(※団体のみ事前連絡必要)
見学料:無料
駐車場:乗用車台12台、大型バス7台
アクセス:日本海東北自動車道 聖籠・新発田ICより車で約25分
JR羽越本線 新発田駅より徒歩5分

⑥ぽんしゅ館 新潟駅前店(新潟駅南口西通路改札出てすぐ)

時間がない方必見!新潟駅の中で93蔵すべての利き酒が出来ます

さすが酒どころ新潟!駅のすぐ近くに蔵元があるのですね。このうち実際に酒蔵見学が出来るのは半分程なので、見学ができない蔵元の試飲が出来るのは素敵です。

どれにしようかな~ 選んでいるだけでも楽しいワンコイン試飲

システムは、ワンコイン(500円)をレジにて払い、「新潟ぽんしゅ館」試飲専用コイン5枚と交換。基本的には一ヶ所につき1枚の消費ですが、限定品や希少価値の高いものであると2枚必要になります。せっかくなのでここでしか呑めないお酒に挑戦するのも良し!入場は無料なので、試飲の時間が無い方でも、新潟にはどんな蔵元があり、どんな代表酒があるのか眺めることも出来ます。

二十歳の方はなんと300円で!

それだけではありません。二十歳のアナタ!朗報です。本来であればワンコイン(500円)で専用コイン5枚と交換ですが、二十歳の方のみ、なんと300円で5枚交換が出来るのです!これからの人生で美味しい日本酒と出会って欲しいという願いが込められています。

塩もお試しできます

ソルティードッグのように、日本酒にも塩は合うのです。ここでは、日本酒にあうお塩が紹介されています。少量の塩といっしょに日本酒を流すイメージで飲むと、びっくりする程良い香りが感じられるのでオススメです。

お土産はここで買うべし!

お土産のブースでは、新潟の美味しいモノが勢ぞろい。ここではお酒のほか、新潟の特産品やお土産はもちろん、お醤油や味噌、ドレッシングにジャム、塩やご当地ラーメンなどすべて新潟県で作られた美味しいモノが一堂に会します。

新潟駅に併設されている「ぽんしゅ館」はいつ来ても大賑わい。確かに新潟の銘酒あり、充実したお土産あり、さらに試飲も出来るとあっては、行ってみなくては損というもの!新潟に来たのはいいけれど、時間が無くて酒蔵めぐりが出来なかった人にもおすすめです。
【ぽんしゅ館新潟駅店】
住所: 新潟県新潟市中央区花園1-96-47 CoCoLo西館3F 西口改札 連絡通路直結
電話番号:025-240-7090
定休日:不定休
営業時間:9:00~20:30まで(試飲ブース)
9:00~21:00まで(日本酒販売・お土産ブース)
予約:不要
見学料:無料
駐車場:駅南口駐車場
アクセス:新潟駅南口西通路改札をでてすぐ
いかがでしたか。
お米と日本酒処の新潟県ですが酒蔵が、その数が93もあるとは驚きですね。今回はそのなかでも予約不要で、今すぐ酒蔵めぐりができるオススメのスポットをご紹介しました。是非この夏休みに新潟へ行かれる際は、思いきって、美味しい日本酒が出来るまでを見学できる「酒蔵めぐり」をしませんか?次に日本酒を呑むの時、世界が変わって見えるのでオススメですよ!
ぽんしゅ館
  • 新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2427-3JR越後湯沢駅構内ぽんしゅ館
  • 0257843758

たった500円で利き酒!呑んべえも感動必至な新潟県「ぽんしゅ館」の魅力とは

知ってそうで知らない新潟県の穴場の観光スポット20選!

関連記事

  1. 北欧のスローライフな雰囲気が魅力!静岡県浜松市の都田町へのスロー…

    シンプルでありながらも、丁寧で美しい北欧文化には多くの方があこがれていると思います。そんな北欧の…

  2. 和歌山県の人気&おすすめ観光スポット40選

    近畿地方の最南端にあります和歌山県は、実は魅力的な観光スポットの多いエリアです。和歌山の山間部に…

  3. 定番だけど安定!クリスマスに行きたい「みなとみらい」のデートスポ…

    いよいよ12月が到来! 今年のクリスマスはどこへ行くか もう決めましたか?恋人と過ごすの…

  4. 『一度は行きたい場所・観光地 日本の絶景 50選』No.29 …

    2/365の奇跡! トオルマの夕日この岩場がウワサになり始めたのは、まだほんの10数年前のことな…

  5. 岩×自然!佐渡ヶ島の超絶景フォトスポット7選

    日本ジオパークの佐渡には、とても珍しい岩々が点在します。そこに青空・夕陽など自然現象が重なると見たこ…

  6. 癒しを求めた女子旅プラン!新潟おすすめ観光スポットBEST20

    日本海に面した南北に長い地形の新潟は、海あり山ありの豊かな自然と癒しの観光スポットが満載。そんな新潟…

  7. 山梨県の富士吉田市で名物の美味しいうどんが食べられるおすすめの人…

    富士吉田のうどんは太くてコシがあるうどんが特徴で、農林水産省が選定する郷土料理百選にも選ばれてい…

  8. 九州の旬を味わおう!諫早市のおすすめグルメスポット20選!

    長崎県と聞けば、一番に頭に浮かぶのは「ハウステンボス」ではないでしょうか。そんな長崎県に位置している…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss