お風呂発祥の地イギリス・バースは市街街全体が美しすぎる世界遺産!

イギリス西部の世界遺産バース市街は、18世紀のジョージ王朝時代の建造物が多く残っている美しい都市。イギリスでロンドンに次ぐ人気の観光地であるバース市街の魅力を紹介します。

お風呂発祥の地!イギリス・バース市街

バース市街はお風呂の語源?

2世紀頃、バースにローマ人が侵攻し温泉施設を建設し、温泉街として発展しました。このことからこの地が「バース」と名付けられたと言われています。英語の「BATH」つまりお風呂はバース市街の地名が語源となっています。

バース市街にテルマエロマエの世界!ローマン・バス

ローマン・バスとは

バースがローマに支配される前、紀元前の時代からバース市街では温泉が出ていたという記録もあります。当時、ケルト人がこの場所に神殿を建てたので、古代からのパワースポットとも言える神聖な場所です。

ローマン・バスの歴史建造物としての価値は北ヨーロッパ随一とも言われるほど。バース市街に訪れたら絶対に外せませんね!

ローマ時代にタイムスリップしたかのよう。まさにテルマエ・ロマエの世界ですね!

入浴はできないのでご注意ください。

ローマン・バス
【住所】Roman Baths, Abbey Church Yard, Bath, BA1 1LZ
【電話番号】+44 (0)1225 477785
【最寄り駅】Bath Spa駅(徒歩約10分)
【営業時間】1 – 2月 9:30 – 17:00 最終閉館時間18:00 / 3 – 6月 9:00 – 17.00 最終閉館時間18:00 / 7 – 8月 9:00 – 21:00 最終閉館時間22:00 / 9 – 10月 9:00 – 17:00 最終閉館時間18:00 / 11 – 12月 9:30 – 17:00 最終閉館時間18:00
【入場料】大人£15.0 / 子ども(6-16才)£9.50 / 家族(大人2人+子ども4人まで)£44.00

入浴したい方はこちら!サーメ・バース・スパ

サーメ・バース・スパ

2006年にバース市街にオープンした近代的なスパです。サーメ・バース・スパとは日本語で「温泉・温泉・温泉」という意味。バース市街ならではの「温泉」で身も心もリラックスしてはいかがですか?

温泉といっても日本とは違います。35℃くらいのぬるめのお湯に長くつかるのがヨーロッパ流です。また温泉ですが水着着用ですのでご注意を!

屋上の露天風呂はマスト!

ルーフトップ・プール

一番人気のルーフトップ・プール。バース市街の美しい街並みを望める露天風呂で身も心も癒されたいですね!

サーメ・バース・スパ
【住所】Hetling Pump Room | Hot Bath Street, Bath BA1 1SJ, England
【電話番号】+44 1225 331234
【入浴料】15〜25pound

世界一美しい集合住宅!ロイヤル・クレセント

ロイヤル・クレセントとは

保養地として開発が進んだ18世紀のバース市街で、ジョン・ウッド親子が設計した世界一美しい集合住宅。巨大な半楕円形の集合住宅は、左右対称のカーブを描きながら地上3階、地下1階の30の邸宅が連なっています。

中には博物館も!

ナンバーワン・ロイヤル・クレセント

一番端の1号室は博物館として一般に開放されているため、18世紀の生活を知ることができます。バース市街で18世紀にタイムスリップしたような気分を味わえるなんてステキですね!

ナンバーワン・ロイヤル・クレセント (No.1 Royal Crescent)
【住所】 1 Royal Cres Bath, Avon BA1 2LR
【アクセス】バース・スパ駅から徒歩20分
【営業時間】火-日:10:30 – 17:30 / 月:12:00 – 17:30(16:30までに入場)
【電話番号】1225-428126
【料金】大人10ポンド / 子供4ポンド(各種割引あり)

中世最高傑作の教会!バース寺院

バース寺院とは

ローマン・バスの隣に位置するバース寺院はもともと修道院で、バース市街の象徴とも言える歴史的建造物です。バースで採れるバース・ストーンが使われているため、独特の黄色い色味がやわらかさを感じさせる美しい建造物となっています。

ぜひ見上げてください!

美しいステンドグラスにうっとりしますね。

バース市街に佇むこの美しい外観は夜も幻想的です。

バース寺院(Bath Abbey)
【住所】12 Kingston BuildingsBath BA1 1LT
【アクセス】「バース・スパ駅」より徒歩10分ほど。
【営業時間】 月 9:30 – 5:30 / 火~金 9:00 – 5:30 / 土 9:00 – 6:00 / 日 13:00 – 14:30・16:30 – 17:30
【電話番号】 +44-1225-422462
【入場料】2.5ポンド

バース市街までのアクセス

【ロンドンからバース】パディントン駅からバース・スパ駅まで鉄道
【所要時間】約1時間30分
【料金】片道2等£29.60~ / 1等£41.50~
いかがでしたか?イギリス「バース市街」について紹介しました。ぜひバース市街に行く際の参考にしてくださいね。

ロンドンの定番観光スポット「大英博物館」の楽しみ方・基本情報7選

【イギリス】神秘の謎を解き明かせ!ストーンヘンジとエーヴベリーの遺跡群

関連記事

  1. オランダ・アムステルダムの観光なら絶対行きたい見どころ・スポット…

    オランダ・アムステルダムの観光スポットを、絶景写真と共に10つお届けします。開園期間わずか3…

  2. ハプスブルク家の栄光と音楽の都ウィーンで絶対行くべき!おすすめ観…

    ウィーンといえば,ヨーロッパの中心として栄えたハプスブルク家のオーストリア帝国,そして数々の作曲…

  3. スイス最大の都市・チューリヒの人気&おすすめ観光スポット7選

    スイスのチューリッヒは中世から栄えた都市で、今なお当時の美しい景観を見せてくれます。チューリッヒ…

  4. スロベニアの首都リュブリャナで食べに行きたい人気&おすすめのレス…

    美しい街並が大人気のスロベニアの首都リュブリャナですが、ここには美味しいレストランがたくさんあり…

  5. エストニアの首都・タリンの旧市街で人気の観光スポット!「ふとっち…

    ふとっちょマルガレータ (海洋博物館)は、エストニア共和国の首都タリンの旧市街にある観光スポット…

  6. スウェーデンの人気&おすすめのゲストハウス20選

    スウェーデンのおすすめのゲストハウス20選をご紹介します。スウェーデンは北欧の国の1つで、フィン…

  7. 海抜3454メートルの場所にあるヨーロッパ最高峰の駅「ユングフラ…

    ユングフラウ鉄道は、19世紀末に建設されたスイスの南部ヴァレー州の山脈を走る登山鉄道です。始発駅…

  8. 一度は行ってみたい!フランスとスペインに挟まれた小さな国アンドラ…

    海外へ旅行するとなると気になるのがその国の観光地や都市です。特に、アンドラへ旅行に行ったら一度は…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss