【2021】愛知の紅葉スポットおすすめ14選。見頃時期から定番名所やもみじ寺まで

愛知県には香嵐渓や徳川園をはじめ、紅葉名所が多数あります。11月上旬から見頃を迎える愛知の紅葉、12月上旬まで楽しめるスポットも。

定番の紅葉スポット・白鳥庭園や犬山寂光院はもちろん、穴場や静かに鑑賞できるお寺を紹介。もみじまつりやライトアップ情報もお届け!
色鮮やかな木々に囲まれ、散策や紅葉狩りを楽しんでみては。

※この記事は2021年10月1日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。
記事配信:じゃらんニュース

香嵐渓【豊田市】

約4000本のモミジが一斉に色づく景色は圧巻!巴川を彩る風景美も堪能しよう

(画像出典:豊田市足助観光協会)
(画像提供:豊田市足助観光協会)

[見頃時期]11月上旬~11月下旬頃

四季折々の彩りを見せてくれる渓谷「香嵐渓」。イロハモミジやヤマモミジ等、11種類の楓が約4000本あるといわれており、山全体が一斉に色づく姿はまさに圧巻!

彩り鮮やかな山々が、巴川の水面に美しく映り込む景色も見事です。香積寺十一世の三栄和尚が「美しい自然を、より美しく」と願いを込めて、1634年に植えたのが始まりといわれているそう。

新たに整備された山頂からは、古い町並みや遠く足助城まで美しい眺めが楽しめます。また、神様が座ったとされる言い伝えのある巨石の周りに、足助八幡宮で購入した絵馬もかけられますよ。

ぜひ、ハイキングをかねて紅葉狩りを楽しんでくださいね。

[ライトアップ・お祭り情報]

「第66回 香嵐渓もみじまつり」
期間:2021年11月1日(月)~11月30日(火)※期間中はライトアップ
開催場所:足助・香嵐渓広場

\口コミ ピックアップ/
あたり1面と紅葉でいっぱいでとても綺麗です!駐車場がいつも混んでいて探すのが大変ですが、それ以外は満足です!
(行った時期:2020年11月)

西浦温泉から10時に出発。香嵐渓には12時前に着きました。屋台の並びの道は人が多かったのですが、人混みを避けて茶室のような茶屋でもみじと渓流を見ながらゆっくり紅葉を堪能できました。色づいたもみじの葉を拾ったり、久しぶりに自然に触れられて心が穏やかになりました。
(行った時期:2020年11月)

■香嵐渓
[住所]愛知県豊田市足助町飯盛
[営業時間]散策自由
[定休日]なし
[料金]無料
[アクセス]【電車】名鉄名古屋本線「東岡崎駅」より名鉄バス足助行(約70分)「香嵐渓」下車すぐ【車】東海環状自動車道「豊田勘八IC」より約20分
[駐車場]あり/有料 ※香嵐渓駐車場1台500円(11月は1台1000円)
「香嵐渓」の詳細はこちら
「香嵐渓」の口コミ・周辺情報はこちら

大井平公園【豊田市】

厳しい寒さが鮮やかな彩りを生み出す。標高500mの森と渓谷の紅葉

(画像出典:いなぶ観光協会)
(画像出典:いなぶ観光協会)

[見頃時期]11月上旬~11月中旬頃

稲武の紅葉の名所となっている「大井平公園」。森や渓谷に囲まれ、寒暖差が大きいため色鮮やかな紅葉が楽しめます。

愛知県内でも早めの11月上旬~中旬に見ごろを迎え、赤や黄色の発色の良い紅葉と、針葉樹の緑のコントラストが美しい風景を見せてくれます。名倉川の川面に映り込む景色も見事ですよ。

また、デートスポットとしても有名な「風のつり橋」から、名倉川遊歩道の散策もおすすめです。苔むした石畳や竹林など、風情あふれる雰囲気を楽しみながら紅葉狩りを楽しんでくださいね。

[ライトアップ・お祭り情報]

「稲武もみじ狩り」
期間:2021年10月30日(土)~11月14日(日)
※ライトアップあり
その他の情報は、いなぶ観光協会ホームページにてご確認ください。

(画像提供:いなぶ観光協会)
(画像提供:いなぶ観光協会)
■大井平公園
[住所]愛知県豊田市稲武町大井平5-1
[営業時間]散策自由
[定休日]なし
[料金]無料
[アクセス]【車】東海環状「豊田勘八IC」より50分、東名「名古屋IC」「猿投グリーンロード力石IC」より45分、中央自動車道「恵那IC」より50分
[駐車場]あり/無料
「大井平公園」の詳細はこちら
「大井平公園」の口コミ・周辺情報はこちら

香積寺【豊田市】

香嵐渓にある古刹。厳かな雰囲気が漂う穴場的スポット

(画像提供:豊田市足助観光協会)
(画像提供:豊田市足助観光協会)

[見頃時期]11月上旬~11月下旬頃

『香積寺』は1427年(応永34年)に、足助氏の居館跡に創建された曹洞宗の古いお寺です。寺の周辺はもみじや杉木立が生い茂り、観光客で賑わう香嵐渓にあるとは思えない静かな佇まいが魅力です。

香嵐渓のもみじは、香積寺の三栄和尚が1634年(寛永11年)に植えたのが始まりと言われています。三栄和尚は「美しい自然をより美しく」との願いを込めて、巴川沿いの参道から香積寺境内にかけて、楓・杉などを、般若心経一巻を誦すごとに一本一本植えたとか。

秋には紅葉をイメージした絵馬が登場するそうです。参拝の記念にいかがですか?

\口コミ ピックアップ/
香積寺、紅葉の名所として内外に知られる。香嵐渓、秋には4000本と言われるモミジが色づき、ライトアップなどで大勢の人が訪れる、香積寺の十一世の三栄和尚が1634年植えたのが始まりとされ巴川沿いから香積寺の参道に般若心経を唱えながら植えていったとされる、 応永34年に足助氏の居館跡に創建された曹洞宗の古刹、三栄和尚が植えたとされる杉も2本残っています、モミジなども一本ずつ般若心経を唱えながら植えられたとある。
(行った時期:2021年4月)

■香積寺
[住所]愛知県豊田市足助町飯盛39
[営業時間]拝観終日
[定休日]なし
[料金]無料
[アクセス]【バス】名鉄豊田線「浄水駅」下車、とよたおいでんバスさなげ足助線(百年草行)乗車「香嵐渓」バス停より徒歩すぐ【車】猿投グリーンロード「力石IC」より約15分
[駐車場]なし ※香嵐渓駐車場を利用してください。1台500円(11月は1台1000円)
「香積寺」の詳細はこちら
「香積寺」の口コミ・周辺情報はこちら

徳川園【名古屋市】

尾張徳川家ゆかりの地で、赤や黄色に色づく日本庭園をゆっくり散策しよう

(画像提供:徳川園)
(画像提供:徳川園)

[見頃時期]11月下旬~12月上旬頃

尾張藩第二代藩主光友が自らの隠居所として大曽根屋敷に移り住んだことを起源としている「徳川園」は、新緑から紅葉・季節の花々など日本の美しい四季を感じることができる日本庭園です。

11月中旬頃からは園内のモミジやニシキギなどの木々、約300本が色づき始めます。特に「虎仙橋」にかかる紅葉は赤と黄色のコントラストが美しく、日本庭園の凛とした趣に鮮やかな彩りを添えています。

隣接した徳川美術館には喫茶スペースもあるので、紅葉狩りの後は歴史に触れたりティータイムを楽しんだりすることもできますよ。

[ライトアップ・お祭り情報]あり

「錦を纏う 徳川園紅葉祭」
 期間:2021年11月20日(土)~12月5日(日)

■徳川園
[住所]愛知県名古屋市東区徳川町1001
[営業時間]9時30分~17時30分(入園は17時まで)
[定休日]月曜日(祝日にあたる場合は直後の平日)12月29日~1月1日
[料金]【一般】300円【中学生以下無料】無料
[アクセス]【電車】JR「大曽根駅」南口より徒歩10分、地下鉄「大曽根駅」「車道駅」より徒歩15分【バス】基幹2号系統「徳川園新出来」より徒歩3分
[駐車場]あり/有料(30分120円)
「徳川園」の詳細はこちら
「徳川園」の口コミ・周辺情報はこちら

白鳥庭園【名古屋市】

広々とした日本庭園を美しく彩る紅葉。和のライトアップも楽しんで

(画像出典:白鳥庭園)
(画像出典:白鳥庭園)

[見頃時期]11月中下旬~12月上旬頃

敷地面積3.7ヘクタール、東海地方最大級の規模を誇る日本庭園。
源流から大海まで「水の物語」をテーマに、築山を「御嶽山」、そこからの流れの「木曽川」、流れの水が注ぎこむ池を「伊勢湾」に見立てています。

11月下旬には紅葉ライトアップも開催され、広々とした日本庭園をゆっくりと散策しながら紅葉狩りを楽しむことができますよ。水面に映り込む紅葉や雪吊りによる雄大な景色も素晴らしく、橋の上から眺めるのも風情がありおすすめです。

園内では、ツワブキ・ヤマガキ・マンリョウなど秋の草花を見つける楽しみも。秋の深まりとともに、日本庭園の美しさを感じに出かけてみてくださいね。

[ライトアップ・お祭り情報]

「紅葉ライトアップ」
開催日:11月20日(土)~12月12日(日)※期間中の金、土、日、祝日のみ
開園時間:9時~20時(入園は19時30分まで)
※17時より正門のみの入園(北門は閉門)。日没(17時前後)よりライトアップが始まります。

■白鳥庭園
[住所]愛知県名古屋市熱田区熱田西町2-5
[営業時間]9時~17時(入園は16時30分まで)
[定休日]毎週月曜日(ただし、祝日にあたる場合は、その翌日)
[料金]【大人】300円(中学生以下は無料)※入園にはマスク着用でお願いします。
[アクセス]【電車】地下鉄名城線「神宮西駅」4番出口より徒歩約10分【車】名古屋高速「六番北」より10分
[駐車場]あり/有料(普通自動車 1回 300円)
「白鳥庭園」の詳細はこちら
「白鳥庭園」の口コミ・周辺情報はこちら

名古屋市東山動植物園【名古屋市】

動物園とともに楽しめる、都心からすぐの紅葉スポット

(画像提供:名古屋市東山動植物園)
(画像提供:名古屋市東山動植物園)

[見頃時期]11月下旬~12月上旬頃

約450種の動物に会える『名古屋市東山動植物園』、イケメンゴリラ「シャバーニ」やコアラなどが全国的にも有名ですが、秋の植物園もおすすめです。

植物園では約7000種もの植物の展示の他、国指定重要文化財の「温室」や世界遺産にもなった岐阜県の白川郷で有名な「合掌造りの家」などを見ることができます。

アクセス抜群!“地下鉄で行くことができる紅葉スポット”としても知られる東山動植物園。イロハモミジ、ハウチワカエデなど紅葉する樹木が500本以上あり、丘陵地の地形を生かした野山のような美しい景色が楽しめます。

[ライトアップ・お祭り情報]

未定

\口コミ ピックアップ/
普段動物園ばかりなので動物園と植物園の両方に行きました。
一日中ゆっくりのんびり遊べました。楽しかった。
(行った時期:2020年2月)

紅葉のライトアップを見に行きました。点灯の17時過ぎは混雑しているので19時頃に行くと比較的ゆっくり見れると思います。
(行った時期:2019年11月)

■名古屋市東山動植物園
[住所]愛知県名古屋市千種区東山元町3-70
[営業時間]9時~16時50分(入園及び入園券の発売は16時30分まで)
[定休日]月曜日、年末年始(12月29日~1月1日)※月曜日が祝休日である場合は翌平日
[料金]観覧券【大人(高校生以上)】500円 ※中学生以下は無料 ※動物園と植物園に入場できます
[アクセス]【電車】市営地下鉄東山線「東山公園駅」3番出口より徒歩3分【車】東名高速道路「名古屋インター」より約15分 ※アクセス方法はこちら 
[駐車場]あり/有料(1600台) ※普通自動車1回800円、大型自動車1回2000円、自動二輪車等1回400円
「名古屋市東山動植物園」の詳細はこちら
「名古屋市東山動植物園」の口コミ・周辺情報はこちら

豊橋のもみじ寺 普門寺【豊橋市】

晩秋の紅葉を楽しめる自然豊かな「豊橋のもみじ寺」。“切り絵 御朱印”も

(画像出典:豊橋のもみじ寺 普門寺)
(画像出典:豊橋のもみじ寺 普門寺)

[見頃時期]11月下旬~12月中旬頃

1300年前に開山され、長い歴史を誇る「普門寺」。重要文化財の仏像や不動明王像など貴重な文化財を所蔵する、自然豊かな寺院です。

県内では遅めの紅葉を楽しめる「豊橋のもみじ寺」として親しまれています。幹が太く、枝ぶりの良い古木もみじが見頃を迎えるのは、11月下旬~12月中旬。紅葉シーズンも終盤に近付いた頃、仁王門裏で見頃を迎える「名残もみじ」が晩秋の風情を感じさせます。

源頼朝公ゆかりの不動明王に注目した御朱印や、先代住職が御朱印紙を切り抜いた「切り絵 御朱印」など珍しい御朱印も。御朱印巡りとあわせて訪れてみてください。

[ライトアップ・お祭り情報]

「普門寺 もみじ祭り」
 期間:2021年11月27日(土)~12月5日(日)

\口コミ ピックアップ/
紅葉で有名な普門寺。紅葉祭りを開催してましたが、紅葉のピークは12月中旬くらいかな?期間限定のもみじの御朱印がおすすめです。
(行った時期:2020年12月)

まったく知りませんでしたが、普門寺の紅葉は素晴らしいですよ!一見の客価値は、あります。花の季節を選んで行くといいと思います。
(行った時期:2019年12月)

■豊橋のもみじ寺 普門寺
[住所]愛知県豊橋市雲谷町ナベ山下7
[営業時間]8時~16時
[定休日]なし
[料金]無料
[アクセス]【電車】JR東海道線「新所原駅」北口よりタクシーで10分【車】東名高速「三ケ日IC」より約30分、東名高速「豊川IC」より約40分、国道23号名豊道路「細谷IC」より約15分
[駐車場]あり/無料 
「豊橋のもみじ寺 普門寺」の詳細はこちら
「豊橋のもみじ寺 普門寺」の口コミ・周辺情報はこちら

愛岐トンネル群 秋の特別公開【春日井市】

赤レンガのトンネル群と紅葉のコラボレーション!期間限定で特別公開

(画像出典:NPO法人 愛岐トンネル群保存再生委員会)
(画像出典:NPO法人 愛岐トンネル群保存再生委員会)

[見頃時期]11月下旬~12月中旬頃

日本三大廃線トンネル郡の一つ、「愛岐トンネル群」。鉄道トンネルとして国の登録文化財にも指定されている貴重な産業遺産です。

隠れた紅葉の名所としても知られており、期間限定で開催される秋の特別公開には多くの人が訪れます。自然あふれる場所で、赤レンガのトンネル群と廃線路、紅葉のコラボレーションを楽しむことができますよ。

庄内川渓谷に沿っていくつものトンネルが続いているので見所も満載!ゆっくりと時間をとって廃線路を散策するのもおすすめです。今秋は2021年11月27日(土)~12月5日(日)の9日間、特別公開されます。このチャンスにぜひ訪れてみてください。

[ライトアップ・お祭り情報]

「秋の特別公開」
 期間:2021年11月27日(土)~12月5日(日)
※期間中の土日をメインにトンネルコンサートを終日開催。また、お子様用のターザンブランコやボダリング遊具も無料で楽しめます。

(画像提供:NPO法人 愛岐トンネル群保存再生委員会)
(画像提供:NPO法人 愛岐トンネル群保存再生委員会)

\口コミ ピックアップ/
2年連続で行ってきました。春秋の公開期間を除き、普段は施錠されていて入れません。タイミングが合う方、次の公開日は半年後です。メインの旧中央線ルートの他に、途中から分かれる玉野古道ルート、もみじ山などのコースもあります。
煉瓦や自然に詳しい保存会メンバーの話を聞くのも楽しみです。話を聞きながら回ると、早目に到着しないと全コースは回れません。サブコースは閉鎖が早いので、全コース歩きたい方は先に回った方が良いかも知れません。せっかく行くなら早目の到着をお勧めします。
(行った時期:2019年11月)

■愛岐トンネル群
[住所]愛知県春日井市玉野町
【公開期間】2021年11月27日(土)~12月5日(日)
[営業時間]9時30分~15時 ※入場は14時30分まで
[料金]100円【小学生以下】無料
[アクセス]JR中央線定光寺駅下車徒歩3分 ※JR快速電車が臨時停車します(詳細は時刻表でご確認下さい)
[駐車場]なし 
「愛岐トンネル群」の詳細はこちら
「愛岐トンネル群」の口コミ・周辺情報はこちら

犬山寂光院【犬山市】

別名「尾張のもみじ寺」。約1000本のモミジが織りなす景色を心静かに眺めよう

(画像提供:犬山寂光院)
(画像提供:犬山寂光院)

[見頃時期]11月中旬~12月上旬頃

歴史ある千手観音霊場で、その姿が美しいことで有名な「犬山寂光院」。継鹿尾山(つがおさん)の中にある約10万坪の境内は、山寺の静寂に包まれています。

11月中旬より、イロハモミジやカエデなど約1000本のモミジが赤く染まります。巨木が多く葉が細かいのが特徴で、色鮮やかに染まるため見応えも十分です。その景観の美しさから、いつしか「尾張のもみじ寺」と呼ばれ親しまれるようになったそうです。

毎月2回のご縁日には大護摩祈祷が行われ、第2日曜には参加自由の「やすらぎ説法」も。他にも、お写経の集いや写佛教室などが行われています。静寂な雰囲気の中、心静かに紅葉を眺めてくださいね。

[ライトアップ・お祭り情報]

「もみじまつり」
期間:2021年11月6日(土)~12月5日(日)
※ライトアップはありません。

(画像提供:犬山寂光院)
(画像提供:犬山寂光院)

\口コミ ピックアップ/
モンキーパークの近くにある。市街地からは近いが、かなり静かな場所にあり、本殿近くの展望台からはなかなかの絶景を楽しむことができる。
(行った時期:2021年6月)

1360年余の歴史を持つ尾張最古刹。継鹿尾山を境内として約1000本のもみじがある紅葉の名所。階段を上ると広場の奥に千体観音堂があり、ここから山の上にある本堂と随求堂(ずいぐ)がある。2008年に随求堂で、その存在が長らく確認出来なかった絵巻が発見された。寺の由来は日本武尊の魂が千手観音となって継鹿尾(つがお)の地に姿を現したことで、千手観音を本尊とする寂光院の開山につながったという縁起になっている。
(行った時期:2020年11月)

■犬山寂光院
[住所]愛知県犬山市継鹿尾杉ノ段12
[開門時間]8時~17時
[定休日]なし
[料金]無料
[アクセス]【電車】名鉄「犬山遊園駅」より徒歩20分、またはタクシー5分【車】中央自動車道「小牧東IC」より尾張パークウエイ(無料)経由犬山出口すぐ
[駐車場]あり/無料(ただし、もみじまつり期間中は一部有料。詳細お問合せください)
「犬山寂光院」の詳細はこちら
「犬山寂光院」の口コミ・周辺情報はこちら

定光寺【瀬戸市】

名古屋の奥座敷。四季折々の自然を静かに楽しめる寺院

(画像提供:瀬戸市まるっとミュージアム・観光協会)
(画像提供:瀬戸市まるっとミュージアム・観光協会)

[見頃時期]11月中旬~11月下旬頃

紅葉の名所として有名な『定光寺』は、1336年(建武3年)に創建された臨済宗妙心寺派の古刹。

国の重要文化財「無為殿」(本堂)や尾張藩初代藩主徳川義直公の廟所があり、荘厳な歴史的建造物と深紅に染まった紅葉のコントラストは必見です。

また、近隣に位置する「定光寺公園」では、正伝池周辺の桜や夏の新緑、秋の紅葉など、四季を通じて色とりどりの木々を眺めながら散策することができます。

■定光寺
[住所]愛知県瀬戸市定光寺町373
[開門時間]散策自由 
[定休日]なし
[料金]無料(廟所拝観:100円)
[アクセス]【電車】JR中央本線「定光寺駅」より徒歩約15分
[駐車場]あり/無料
「定光寺」の詳細はこちら
「定光寺」の口コミ・周辺情報はこちら

くらがり渓谷【岡崎市】

赤黄に染まる渓谷、家族で楽しめるアウトドアスポット

(画像提供:岡崎市)
(画像提供:岡崎市)

[見頃時期]11月下旬~12月上旬頃

岡崎市街地から東へ約26km、本宮山県立自然公園の南西部の標高250m~600mの間に位置する『くらがり渓谷』。春は新緑、夏は涼しい清流、秋は渓流を赤黄に染める紅葉、冬は南アルプス連峰を一望するハイキングコースと、多彩な四季折々の渓谷美が堪能できます。

バンガロー村、テント村、コテージ、ログハウス、バーべキュー場など、施設も充実!※2021年9月現在、コテージ・バーベキュー・キャンプ場等は閉鎖中。再開については公式HPで確認してください。

手つかずの美しい渓流と赤黄に染まった紅葉のコントラスト。遊歩道を散策しながらゆったり紅葉狩りを楽しむのがおすすめです。

(画像提供:岡崎市)
(画像提供:岡崎市)

[ライトアップ・お祭り情報]

「くらがり渓谷紅葉まつり」
期間:2021年11月中旬~12月上旬 ※ライトアップはありません。

■くらがり渓谷
[住所]愛知県岡崎市石原町字牧原日影2-2
[営業時間]施設により異なる
[定休日]施設により異なる
[料金]無料
[アクセス]【バス】名鉄「本宿駅」から名鉄バス「くらがり渓谷行き」乗車、終点下車すぐ【車】新東名「岡崎東IC」から約20分
[駐車場]あり/無料(約300台)
「くらがり渓谷」の詳細はこちら
「くらがり渓谷」の口コミ・周辺情報はこちら

東公園【岡崎市】

ライトアップは恐竜とコラボ!無料動物園もある公園

(画像提供:岡崎市)
(画像提供:岡崎市)

[見頃時期]11月下旬~12月下旬頃

岡崎市にある『東公園』は、広大な敷地を活用した自然と文化の公園。園内にはファミリーで楽しめる無料の動物園や巨大な恐竜モニュメント、洋風スパニッシュ建築の旧本多忠次邸や本多光太郎博士の資料館など文化資料の展示も。

初夏の花菖蒲や秋の紅葉、四季折々の風景も圧巻!紅葉の季節にはイロハカエデ約1500本が赤く色づき、幻想的な景色が堪能できます。

あしのべ池周辺や花菖蒲園西にある観月橋付近がおすすめの鑑賞ポイント。ライトアップされた紅葉と恐竜モニュメントとのコラボレーションは必見です!

(画像提供:岡崎市)
(画像提供:岡崎市)

[ライトアップ・お祭り情報]

「紅葉まつり」
期間:2021年11月下旬~12月初旬
ライトアップ期間:2021年11月下旬~12月初旬

■東公園
[住所]愛知県岡崎市欠町大山田1
[営業時間]施設により異なる
[定休日]施設により異なる
[料金]無料
[アクセス]【バス】名鉄「東岡崎駅」下車、名鉄バス東公園口方面行き「東公園口」より徒歩3分
[駐車場]あり/無料
「東公園」の詳細はこちら
「東公園」の口コミ・周辺情報はこちら

茶臼山高原【北設楽郡】

愛知県最高峰を観光リフトで天空散歩!大パノラマの紅葉を満喫しよう

(画像出典:茶臼山高原協会)
(画像出典:茶臼山高原協会)

[見頃時期]10月中旬~11月上旬頃

愛知と長野にまたがり雄大な自然に抱かれる「茶臼山(ちゃうすやま)」。キャンプ場やスキー場も併設し、四季を通じてさまざまなアクティビティ-が楽しめます。例年10月中旬頃より、山頂から徐々に葉が色づきはじめ、10月下旬には紅葉の見ごろを迎えます。

観光リフトも運行しているので、眼下に広がる色鮮やかな紅葉を眺めながら、天空散歩を楽しむのも格別ですね。山頂の展望台からは360度見渡せる大パノラマの紅葉も楽しめますよ。

また、麓のやはず池周辺は撮影スポットとしておすすめです。期間限定でライトアップも行われるので、詳細はHPで確認してみてくださいね。

[ライトアップ・お祭り情報]

「2021秋の茶臼山高原まつり」
期間:2021年9月18日(土)~11月7日(日)
紅葉ライトアップ期間:2021年10月9日(土)~11月7日(日)の土日祝

\口コミ ピックアップ/
季節柄、風が強く、少し寒かったですが、ロープウェイで山頂へ行くと日当たりがよく眺めも最高でした。花壇の整理中で春から夏にかけては美しくなると思います。
(行った時期:2019年11月)

■茶臼山高原
[住所]愛知県北設楽郡豊根村坂宇場字御所平70-185
[営業時間]観光リフト【平日】11時~16時【土日祝】9時~16時30分
[定休日]木曜日 ※4月末~6月上旬・7月中旬~8月末・10月上旬~11月上旬・スキーシーズンは定休日なし
[料金]観光リフト【往復】800円【片道】500円
[アクセス]【車】新東名高速道路「新城IC」より約1時間20分
[駐車場]あり/無料 ※芝桜まつり開催時は有料 
「茶臼山高原」の詳細はこちら
「茶臼山高原」の口コミ・周辺情報はこちら

段戸裏谷原生林きららの森【北設楽郡】

天然ブナの原生林、湖面に映る絵画のような紅葉の風景

(画像提供:設楽町観光協会)
(画像提供:設楽町観光協会)

[見頃時期]10月下旬~11月上旬

『段戸裏谷原生林きららの森』は、標高900mにある太平洋型に属するブナの原生林。樹齢200年を超える巨木がそびえたち、たくさんの野鳥や湿原植物が見ることができる自然の宝庫です。

東海自然歩道などの散策路が整備されていて、森林浴やウォーキング、バードウォッチングなど四季折々の景色や外遊びが楽しめます。

10月下旬頃から迎える紅葉シーズン。見どころは、ルアーやフライフィッシングができる「段戸湖」の湖面に映える圧巻の景色。華やかな色彩に包まれた森の紅葉が湖面に映し出される風景は必見です。

■段戸裏谷原生林きららの森
[住所]愛知県北設楽郡設楽町田峯字段戸1-1
[営業時間]散策自由
[定休日]なし
[料金]無料
[アクセス]【バス】JR飯田線「本長篠」下車、バス「田口行」終点より車で30分
[駐車場]あり/無料
「段戸裏谷原生林きららの森」の詳細はこちら
「段戸裏谷原生林きららの森」の口コミ・周辺情報はこちら

\こちらの記事もチェック!/
【愛知】雨の日のお出かけに!室内で遊べるスポット。観光にもおすすめ
【愛知】カップルで行きたいデートスポット!定番から穴場まで
【愛知】日帰りドライブおすすめスポット!デートや絶景巡りに
愛知・名古屋のお土産!おすすめのお菓子から定番まで

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、お住まいやお出かけされる都道府県の要請をご確認の上、感染拡大防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。
※掲載の価格は全て税込み価格です。

ドイツのシンデレラ城のモデルになったと言われる「ノイシュバンシュタイン城」があまりにも美し過ぎる!

中世の面影を残す街並みのローテンブルクで絶対に訪れるべきおすすめスポット9選

関連記事

  1. ウルグアイの首都モンテビデオの人気&おすすめホテル7選

    海外へ旅行するとなると気になるのがその国の人気がある高級ホテルです。特にウルグアイのモンテビデオ…

  2. 1日で1周がちょうどいい!利尻島観光モデルコース|北海道|LIN…

    利尻富士の別名を持つ秀峰利尻山を中心に、ほぼ円形に近い形をした北海道の利尻島。利尻富士を望む数多くの…

  3. 伊良部島「フナウサギバナタ」から絶景を楽しもう!|沖縄県|LIN…

    宮古島・伊良部大橋の開通で一気に注目度が高まっている離島、伊良部島。その伊良部島の絶景スポットとして…

  4. 福井県の神社仏閣巡りにおすすめのスポット7選

    最近、女子の間でひそかにブームが起きている「神社仏閣巡り」。厳かな雰囲気に心癒され、日本文化の奥…

  5. この夏オシャレ女子旅で行きたい長崎県のフォトジェニックな観光スポ…

    定番から穴場まで!カメラ好きは、ここさえ回れば大丈夫!そんな長崎のフォトジェニックスポットを7つ…

  6. 東京都内にある雰囲気が抜群でビールが美味しいお店12選

    だんだんと暑くなってきました。夏が近くにつれ、ビールが飲みたくなりますよね。今回は、東京都内にあ…

  7. 関西の奥座敷、石川県「加賀温泉郷」の日帰り温泉の楽しみ方

    兼六園や金沢21世紀美術館などの観光スポットや、海鮮丼などのグルメで人気の観光地を抱える石川県。…

  8. ホタルイカが名物の富山県滑川周辺の人気&おすすめのホテル・旅館5…

    滑川周辺にある、おすすめのホテルを5つご紹介します。新鮮なホタルイカをたっぷりと会席料理で堪能で…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss