【帯広旅行のハイライト】絶対にまた行きたい・一押しレストラン!「こだわりの地産地消イタリアンニューウエーブ”yoshiyuki”」

北海道グルメの中心と言っても過言ではない”「食の王国」十勝・帯広”。 十勝の雄大な恵まれた大地の中で育った農作物やお肉、また北海道の新鮮な魚も味わえ食いしん坊にはたまらないエリアです。 定番グルメの名店も数多いですが、新進気鋭のイノベーティブ・フュージョンの名店「yoshiyuki」が帯広にあります。

1・イノベーティブ・フュージョンって何?
2・帯広のイノベーティブ・フュージョンの名店とは?
3・地産地消にこだわり!外見も中身も相当こだわった料理の数々。
4・何が魅力なのか?
5・入り口もオシャレ!でも、隠れ家風でちょっと分かりにくいので気をつけて。
6・季節ごとに異なる味が楽しめる!

1・イノベーティブ・フュージョンって何?

料理のカテゴリーに大きくとらわれず、シェフの独創性やオリジナリティを重視した新しく進化した料理。
yoshiyuki
  • 北海道帯広市西3条南10-8-3
  • 0155235001

有名グルメガイド本にも紹介されている注目店です。

十勝という恵まれた土地で、大切に食物を育てている生産者さんの素材を使用し、唯一無二の独創性を持った料理に仕上げています。【地産地消】を非常に大事に考えられているようです。

yoshiyukiのメニューは

・星:¥5,000
・大地:¥7,000
・豊穣:¥10,000

の3つのコースから成り立ちます。
今回は今年の夏に食した¥5,000のコースをご紹介♩
(掲載されている情報は2018年8月時点のものです。詳細は必ず事前に公式ページなどでご確認下さい。)

正直言って、食べるまでどんな味なのか検討がつきません。
口の中に入れて初めて理解出来る新しい味。そんな体験も楽しい。

でも正直言って、食べるまでどんな味なのか検討がつきません!でも、それも楽しい。

○ウェルカムスナック

ミズナラをテーマにしたウェルカムスナック。バジル風味。

北海道の自然とさわやかさを感じることが出来ます。

○阿寒湖産の海老のムース

海老をそのまま食べるより、はるかに濃厚。海老の旨味がたっぷりつまったムースでした。

中に石と葉っぱが入ったボックスの上に海老は盛りつけられていて、

味もさることながら何だかアート作品のよう。

○メロンとホタテの薫製

ホタテの薫製の塩っけとメロンの甘みが絶妙なハーモニーを醸し出しています。

この組み合わせは、初めてでしたが、考えてみるとどちらも北海道の特産品。

北海道ならではの組み合わせですね。

○イカとタコの冷製 with イカすみソース

プリプリしたイカとタコのの冷静にイカすみソースを添えて。

泡にも、しっかりとした味がついていて、同行者も「凝ってるな〜」と

びっくりしていました。

○とうもろこしのババロア with グズベリー

本州では、なかなかお目にかかれないグズベリー。

コーンの濃厚な風味とちょっと甘酸っぱいグズベリーはお互いに引き立てあっています。

○自家製ビーゴリ(パスタ)

ビーゴリとはイタリアの厚く長いパスタの一種。お店でビーゴリも手作りされているそう。

歯ごたえのあるしっかりとしたパスタに北海道の新鮮な野菜を和えて。

○自家製のパン

余ったパスタのソースに自家製パンをつけて。

自家製パンもオシャレなボックスに入っていました。

○豚のフィレ肉 with 自家製みそソース

恐らく低温でじっくり焼き上げたと思われるジューシーな豚のフィレ肉を

風味ゆたかな自家製みそソースで。

みそソースも他のお店とは一線を画す、まるでアート作品のような表現の仕方です。

○<デザート>ラムレーズンとクリーム(名称忘れました。。)

ラムレーズンのデザート。濃厚なクリームとのコンビネーションはラムの風味も相成って

大人の味でした。

大人になってよかった!

○<スイーツ>チョコレート

何とタバコの形をしています!

シェフの遊び心がつまったデザート。

タバコをふかすまねをしながら食べたくなってしまいます♩

4・何が魅力なのか?

地元・北海道の美味しい食材

食の宝庫・北海道ですもの。
のびのびと愛情いっぱいに育った素材は、美味しさのかたまりです。

新しいプレゼンテーションと新しい美味しさの為の熱意

料理の一皿一皿ごとに、新しいプレゼンテーション(お皿や盛りつけなど)で、誰も味わったことが無い新しい美味しさを提供したい!という意気込みを感じました。
その、こだわりを貫くのは大変なことで熱意がないと出来ないと思います。

お手頃な価格

同行者は、「こんな手がこんだ料理、東京だと、すごく高いと思う。」とぽつり。
帯広・十勝は美味しいものが手頃な価格で食べれるので、コース5,000円〜は、ぱっと見、高く見えるかも。でも、一度、食したら、”寧ろ、すごい安いのでは。”と思い直すはず。
入り口もオシャレでスタイリッシュ!
隠れ家風で素敵なのですが、店名も小さめなので少し分かりにくいかも。
通り過ぎないように、見逃さないように気をつけて!
季節ごとに使う食材も異なるようなので、今度は違う季節に訪れてみたい!

いかがでしたか?

いかがでしたか?
帯広のイノベーティブ・フュージョンのレストラン「yoshiyuki」をご紹介致しました。

十勝・帯広エリアには、たくさんの見所・美味しいものがありますが、
少し冒険をして、定番グルメに加え新しい味にもチャレンジしてみて下さい!
そこには、きっと新しい発見があり、新たな十勝・帯広の魅力を知ることが出来ると思います。

※情報は2018年8月時点のものの為、詳細は公式サイトで事前確認することをおすすめします。

道産小麦で打っちゃて!うどんだってあなどれない札幌のうどん7選

ルスツを満喫するならこのホテル!北海道“ルスツ”のおすすめ宿7選

関連記事

  1. 自然と美食をゆっくり満喫!米どころ南魚沼エリアのおすすめホテル・…

    新潟県の南魚沼というと、皆さんは何を思い浮かべますか?きっと、コシヒカリや八海山などの良酒を思い浮か…

  2. 網走に行ったら味わうべき北のグルメ!おすすめスポット10選

    北海道の中でも北に位置する網走。北の大地で育った野菜やお肉、オホーツク海に面することから豊富にとれる…

  3. ドイツ・シュトゥットガルトに行ったら絶対に訪れたい人気レストラン…

    ドイツのシュトゥットガルトは豊かな自然と産業が同時に楽しめる、とても魅力的な都市!世界的な企…

  4. きっとギリシャの虜になる。「アテネ」で絶対食べたい8つのグルメを…

    ギリシャのアテネに旅行した筆者は、ギリシャグルメの美味しさのトリコになってしまいました。そんなギ…

  5. エコを実現するコミュニティ!“えこりん村”ですべき5つのこと

    北海道の恵庭市にある「えこりん村」。環境問題に向き合い、持続可能な社会づくりに貢献したいという「えこ…

  6. 『一度は行きたい場所・観光地 日本の絶景 50選』No.24 …

    生きている広島のモンサンミッシェル!瀬戸内海ののどかな青い海に、奇妙なものが見えてきました。…

  7. 夏が キタ━(゚∀゚)━!暑い夏だからこそ食べたい【絶品本格カレ…

    すでに夏日や真夏日の日もあったりして、今年の夏は暑くなりそうです。 でも暑い夏にこそ、スパイシー…

  8. まるで海外リゾートのような三重県志摩市の「海辺ホテル プライムリ…

    仕事に勉強に忙しい毎日...そんな毎日を一旦忘れて海外旅行に行きたくなるときってありますよね。で…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss