「新潟市水族館 マリンピア日本海」でしたい5つのこと

今回は、新潟市にただひとつある水族館、「新潟市水族館 マリンピア日本海」をご紹介します。イルカやラッコ、魚たちといったいろんな水の生き物が魅力的なこの水族館で、やってみたい5つのことをご提案します(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)。

①丁寧な解説もあります!「日本海大水槽」へ
②水族館の花形!迫力満点の「イルカショー」
③もうひとつの目玉!かわいらしい水辺の小動物たち
④幻想的なクラゲの姿も
⑤新鮮な海の幸も味わえます!

「マリンピア日本海」ってどんなところ?

「マリンピア日本海」は、「海の顔に会える場所」をテーマとした水族館です。場所は新潟市のなかでも日本海側に面した中央部にあります。公共交通機関の利用の場合は、JR新潟駅の万代口から出るバスが便利です。施設は水の生き物たちを身近に感じられるように工夫されているだけでなく、車椅子やベビーカーをご利用の方も気軽に行けるような広々とした空間となっています。いろいろな水の生き物の展示だけでなく、毎日開催されるイルカショーや、生き物についての詳しい解説も実施されています。
「日本海大水槽」では、巨大な水槽におよそ40種類ほどの魚たちが展示されています。コブダイやサバ科などの日本海に生息する魚たちや、佐渡周辺の深海に生息する生物なども見ることができます。また、平日と土曜の13時45分から、日曜と祝日の10時と13時45分からは、「日本海大水槽」で展示されている生物についての解説もおこなっています。波を起こす仕組みなども一緒に学ぶことができますよ。時期によって時間や実施する回数を変更する場合もあるそうなので、ご注意くださいね。
施設内の「ドルフィンスタジアム」では、「イルカショー」が毎日開催されています。スタジアムの観客席には屋根があるため、よほど天候が悪くないかぎり雨に濡れることもないですよ。ショーに登場するハンドウイルカ、カマイルカの迫力満点のドルフィンジャンプがなんといっても見所なのですが、イルカに関する詳しい解説もされています。なかにはびっくりするような、意外なイルカの生態について知ることができるかもしれませんね!ショーは満席の場合もあるので、事前に予約状況の確認をおすすめします。

③もうひとつの目玉!かわいらしい水辺の小動物たち

施設内1階の「水辺の小動物」エリアでは、ビーバーやカワウソ、アザラシやラッコをみることができます。のんびり寝そべったりしているその姿は、なんともかわいらしいものです。なかでもラッコについては、給餌の様子までみることができます。だいたい1日に4回ほど給餌の時間が設けられていますが、16時からの回では、スタッフの方が詳しい解説をしてくれます。所要時間はおよそ10分です。それだけではありません。解説の後は、なかなか体験できないラッコの毛皮標本に触れることもできるそうですよ。

④幻想的なクラゲの姿に癒される

イルカショーやラッコの給餌を見た後に、ちょっと一息つきたいなと思ったときは、クラゲを見てはいかがでしょうか。施設内の地下1階にある「マリンピアホール」では、3つの円柱水槽に展示されているクラゲたちの姿を見ることができますよ。地下の薄暗い室内で、光を透かせながらゆらゆらと漂うクラゲの姿。なんとも幻想的で、時間を忘れて見入ってしまいそうです。また「マリンピアホール」の近くには、アカハライモリの展示がある「育成室」もあり、「育の日」とされた毎月19日に特別開放されます。

⑤新鮮な海の幸も味わえます!

館内のレストラン「UMINONE」では、水の生き物をモチーフにした「オムラッコ」や「ドルフィンカレー」といった、お子様が喜びそうなメニューの他に、新潟発祥の「新潟タレかつ丼」や高級魚「のどぐろ」のてんぷらなど、和食メニューも充実しています。しかし、新鮮な魚を味わいたいなら、なんといっても海鮮丼です!甘えびやサーモンなどのお刺身を使った海鮮丼は、「海の宝石丼」(限定プレミアムシリーズ)と「日本海海鮮丼」があります。数量限定なのでお早めに。

いかがでしたか?

「新潟市水族館 マリンピア日本海」は、広い館内を活かして、とても工夫された展示がおこなわれています。ここでは、生き物を見るだけでなく、水の生き物について解説を聞いて学んだり、新鮮な海の幸を味わうこともできます。次のおでかけ候補としてチェックしてみてくださいね。

詳細情報

新潟市水族館マリンピア日本海
  • 新潟県新潟市中央区西船見町5932-445
  • 025-222-7500

タイ最後の楽園「リペ島」のモルディブを超えるとも噂されるほどの絶景ビーチ

タイ女子旅におすすめの観光スポット20選

関連記事

  1. 今年の秋“紅葉×湖”の絶景を見るならここ!「オンネトー」の紅葉シ…

    今年も紅葉のシーズンが到来します。日本国内にたくさんある紅葉スポットですが、今回お勧めするのは、北海…

  2. ベトナム旅行で絶対に訪れたい!世界遺産の街並みがフォトジェニック…

    ベトナムはホイアンといえば世界遺産にも登録されている街並みがとってもフォトジェニック! 日本から…

  3. 北国の科学館「札幌市青少年科学館」でしたい5つのこと

    札幌市青少年科学館は、札幌市厚別区にある科学館です。昭和56年の会館以来、厚別区の中心にあたる新札幌…

  4. 北の大地の極楽浄土。北海道「真駒内滝野霊園の頭大仏」が神秘的で話…

    北海道はでっかいどう、と言われる通り、北海道の大自然の魅力はそのスケールがあってこそですね。そんなサ…

  5. 【完全保存版】初めての仙台・松島で絶対にやるべき観光おすすめ7選…

    仙台・松島は東北で人気の観光地ですが、初めての観光では土地勘がなかなかないもの。実はレンタカーなしで…

  6. 【東京都内おすすめのサウナ施設12選】『サウナ』で疲れを癒そう!…

    忙しい毎日、暑い夏は特に、湯船にお湯をためて ゆっくりお風呂に入らずにシャワーだけ、 という…

  7. 星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳でワインの産地らしいクリスマス体験…

    自然豊かな八ヶ岳エリアのリゾートホテル「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」では、2019年12月1…

  8. 四季折々の美しい景観!山梨県のおすすめ絶景スポットまとめ

    春夏秋冬、日本の四季は美しい!そんな日本の四季をより一層素敵なものにするのは、どんなシチュエーション…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss