「ロマンティック街道」のフィナーレ!ドイツ『フュッセン』の見どころ・観光スポット

ドイツ国内で最も人気の観光街道「ロマンティック街道」。その絶景多き街道のフィナーレを飾るのがフュッセンです。バイエルン・アルプスの山々や森、湖などの自然に囲まれた風光明媚なエリア、フュッセン。今回はその美しい自然と芸術的な建物が織りなす町並みをご紹介いたします。

フュッセンはどんな所?

フュッセンはどんな所?

image by iStockphoto

フュッセンは、ヴァイエルン州に属しオーストリア国境に隣接した町で、ヴュルツブルクから336km続くロマンティック街道の終着地点でもあります。
レヒ川が穏やかに流れ、ホーエス城、フュッセン市の博物館、教会、旧市街などフュッセン駅近隣にも数々の見所があります。

image by iStockphoto

ミュンヘンから出る日帰りバスツアーでは、真っ先にフュッセン郊外のノイシュバンシュタイン城を目指し、数時間でこの地を後にすることが多いようです。
それだけでは勿体ないほど四季折々の自然が溢れ、ハイキング、サイクリング、スキーなどスポーツを楽しんだりゆったり保養するのに相応しい場所なんですよ。

フュッセンの住所・アクセスや営業時間など

名称 フュッセン
名称(英語) Füssen
住所 Füssen, Deutschland
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.fuessen.de/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

明るく可愛らしい町並みのアルトシュタット

明るく可愛らしい町並みのアルトシュタット

image by iStockphoto

フュッセン駅とレヒ川の間にある旧市街。
石畳の道にカラフルな建物が建ち並び、中世の雰囲気さえ感じられる可愛らしい町並みです。
この一帯は歩行者天国となっていて、土産物屋、レストラン、カフェなどが軒を連ねています。
せっかくならば、ノイシュバンシュタイン城を見学した後ゆっくり散策するのがおすすめ。
小さなエリアなので1時間もあれば十分に堪能できるでしょう。

アルトシュタットの住所・アクセスや営業時間など

名称 アルトシュタット
名称(英語) Altstadt
住所 Reichenstraße 87629 Füssen
営業時間・開場時間 店舗による
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト http://www.fuessen.de/romantisches-fuessen/bummeln-und-shopping.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

だまし絵が印象的なホーエス城

だまし絵が印象的なホーエス城

image by iStockphoto

歩行者天国のライヒェン通りの先に建つのが「ホーエス城」。
14~15世紀に建てられたアウクスブルクの大司教のための離宮で、今もなお当時のままの姿を残しています。
現在、内部は州立絵画館となっており、中庭の外壁の窓枠はだまし絵で描かれています。
この中庭を見学するのは無料なので、興味のある人はぜひ訪れてみましょう。

ホーエス城の住所・アクセスや営業時間など

名称 ホーエス城
名称(英語) Hohes Schloss Füssen
住所 Magnuspl. 10, 87629 Füssen
営業時間・開場時間 [火-日]11:00−17:00(夏期), [金-日]13:00−16:00(冬期)
利用料金や入場料 6ユーロ
参考サイト https://www.stadt-fuessen.de/hohesschloss.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

聖マングに捧げた 市教区教会

聖マングに捧げた 市教区教会

image by iStockphoto

レヒ川沿いに建つ「聖マング市教区教会」。
18世紀に改装され、聖マングに捧げたバロック様式の教会です。
内部は真っ白な漆喰に淡いピンクの大理石が使われ、落ち着いたシックな造り。
天井のフレスコ画には、聖マングの生涯が壮大に描かれています。
祭壇に掛かるカーテンは、一見布製に見えるものの、実際は石で造られているのも必見です。

聖マング市教区教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖マング市教区教会
名称(英語) Benediktinerkloster St. Mang
住所 Lechhalde 3, 87629 Füssen
営業時間・開場時間 8:00−18:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.katholisch-fuessen.de/pfarreien-und-kirchen/st-mang/kirchen/stadtpfarrkirche-st-mang
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

古楽器に触れ合える フュッセン市博物館

古楽器に触れ合える フュッセン市博物館

image by iStockphoto

聖マング市教区教会の隣にあるのが、「フュッセン市博物館」。
アンナカペレの「死の舞踏」という壁画や、壮美な図書館や祝祭の間は一見の価値ある博物館です。
フュッセンは、ルネッサンス時代にリュートやヴァイオリンの製造の中心地だったこともあり、この博物館では様々な古典楽器も展示されています。
それらは実際の音色を聴くことも出来るようになっているようです。

フュッセン市博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 フュッセン市博物館
名称(英語) Museum der Stadt Füssen
住所 Lechhalde 3, 87629 Füssen
営業時間・開場時間 [火-日]11:00−17:00(夏期), [金-日]13:00−16:00(冬期)
利用料金や入場料 6ユーロ
参考サイト https://www.stadt-fuessen.de/4684.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ドイツを代表する麗しの城 ノイシュヴァンシュタイン城

ドイツを代表する麗しの城 ノイシュヴァンシュタイン城

image by iStockphoto

ロマンティック街道のハイライトとも言えるべき「ノイシュヴァンシュタイン城」。
バイエルン国王ルートヴィヒ2世が、17年という歳月と巨額の費用をつぎ込み精神込めて作った白亜の美しい城。
ディズニーランドのシンデレラ城のモデルとなったお城としても有名ですよね。
中世の雰囲気を感じる建物ですが、実際に造られたのは19世紀のこと。
見る場所によって違う城に見え、特に城から少し離れたマリエン橋からの眺めは絶好の撮影ポイントとなっています。

image by iStockphoto

作曲家のリヒャルト・ワーグナーのパトロンになるほど、オペラにのめり込んだ王は、「ローエングリン」や「パルシファル」など多数のオペラの名シーンを場内の壁画に残しています。
城内へは、入場時刻指定のガイドツアーで見学することになります。
大人気の観光スポットなので、事前に予約をしておくか、早めの時間に城の麓のチケットセンターで購入をしておきましょう。

ノイシュヴァンシュタイン城の住所・アクセスや営業時間など

名称 ノイシュヴァンシュタイン城
名称(英語) Schloss Neuschwanstein
住所 Neuschwansteinstraße 20, 87645 Schwangau
営業時間・開場時間 9:00−18:00(4月-9月), 10:00−16:00(10月-3月)
利用料金や入場料 13ユーロ 18歳以下無料
参考サイト http://www.neuschwanstein.de/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ルートヴィヒ2世が過ごしたホーエンシュヴァンガウ城

ルートヴィヒ2世が過ごしたホーエンシュヴァンガウ城

image by iStockphoto

ノイシュヴァンシュタイン城から約500m程離れた所にある「ホーエンシュヴァンガウ城」。
12世紀に築かれ荒れ果ててしまった城を、ルートヴィヒ2世の父であるマクシミリアン2世が1832~36年の間に、ネオゴシック様式で再建築させました。
ノイシュヴァンシュタイン城の建築中には、この城から進行を見守っていたようです。
小ぢんまりとした城ではありますが、ワーグナーが演奏したピアノが置かれた音楽室や、祝祭の間など外せない見所もあります。

ホーエンシュヴァンガウ城の住所・アクセスや営業時間など

名称 ホーエンシュヴァンガウ城
名称(英語) Schloss Hohenschwangau
住所 Alpseestraße 30, 87645 Schwangau
営業時間・開場時間 9:00−18:00(夏期), 10:00−16:00(冬期)
利用料金や入場料 ガイドツアー13ユーロ 18歳以下無料
参考サイト http://www.hohenschwangau.de/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

白鳥の湖 アルプ湖

白鳥の湖 アルプ湖

image by iStockphoto

ホーエンシュヴァンガウ城の南側には、吸い込まれそうに美しいアルプ湖が見えます。
お城やマリエン橋からながめることも出来ますが、時間があればぜひ湖畔まで訪れてみたい。
近くで見る湖は透明度が高く、底に沈む落ち葉まで見えるほど。
白鳥が優雅に水面を進む様子も見られ、ゆったりとした時間が過ごせますよ。

アルプ湖の住所・アクセスや営業時間など

名称 アルプ湖
名称(英語) Alpsee
住所 Alpsee, Schwangau
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://de.wikipedia.org/wiki/Alpsee
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フュッセンへのアクセス

羽田からミュンヘンへ直行便利用で約12時間。
ミュンヘンから快速列車REを利用し、約2時間。列車での移動が不安な人は、ミュンヘンからノイシュバンシュタイン城までの日帰りバスツアーが催行されています。

ヨーロッパ旅行で絶対行きたい!華麗なるヨーロッパの古城・宮殿9選

ディスニーにジブリまで!ファンタジーな世界を演出する絶景スポット7選

関連記事

  1. 連休取れたら、天国を見に行くんだ…カレカレ・ビーチ(ニュージーラ…

    ニュージーランド最大の都市オークランドにあるカレカレ・ビーチをご存じですか?カレカレ・ビーチはオーク…

  2. 和歌山県の「雑賀崎(さいがさき)」がイタリアのアマルフィ海岸のよ…

    イタリアのアマルフィ海岸は誰もが憧れるスポットですよね。なかなか行くのは難しいですが、和歌山県の…

  3. 東京から5000円以下で楽しめる日帰り格安旅行プラン8選

    都会の喧騒を離れお友達と、又はお一人で一日ぶらっと旅をしてみてはいかがですか♪意外と近場に貴方の知ら…

  4. ロッテルダムの人気&おすすめ観光スポット15選

    第二次世界大戦により壊滅的な被害を受けたロッテルダム。戦後、計画都市として、モダンでおしゃれな建物が…

  5. マレーシア第二の都市「ジョホールバル」の人気&おすすめのお洒落カ…

    観光スポットで人気なマレーシア。しかしよく聞くのは、首都の「クアラルンプール」だけだと思います。…

  6. バリ島で人気のビーチクラブ「Potato Head Beach …

    大人気リゾート地・バリ島。サンセットの美しい浜辺でのんびり過ごす方も多いのではないでしょうか。そ…

  7. カップルにおすすめ!福岡のデートスポット10選

    福岡といえば太宰府天満宮や福岡タワーを思い浮かべる人が多いのでは?自然と都市どちらの魅力もも…

  8. 観光・ショッピングに抜群の立地!ローマ・ヴェネト通り周辺のおすす…

    ローマのヴェネト通り周辺のおすすめホテルを調べました。ヴェネト通り周辺には「甘い生活」舞台になっ…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss