「コペンハーゲン国立美術館」はデンマーク王室のコレクションからモダンアートまで入場無料で楽しめる!

なんと入場無料!「コペンハーゲン国立美術館」モダンアートも見逃せない!

コペンハーゲン国立美術館(Statens Museum for Kunst)は、アンデルセン童話のふるさとデンマークの首都・コペンハーゲンにある宮殿のようなミュージアムです。1896年(明治29年)に建てられたネオ・ルネッサンス様式の建築物で、1998年(平成10年)に拡張工事が完成し、旧館の北側に白亜の新館が建ちました。デンマーク王室のコレクションを中心に、中世の宗教画からモダンアートまで8,000点におよぶアート作品が入場無料で楽しめる、コペンハーゲン国立美術館をご紹介します。

コペンハーゲン国立美術館とは

国民の生活満足度が世界ナンバーワンの国として知られるデンマーク東部の首都・コペンハーゲンに所在し、年間の来場者数は40万人を超える人気観光スポット「コペンハーゲン国立美術館(Statens Museum for Kunst)」は、1896年(明治29年)に開館した歴史のあるミュージアムです。
コペンハーゲンは北欧のパリと称されるほど魅力的な街です。ウォーターフロントのカラフルなアンティークショップやカフェが人気のニューハウン(Nyhavn)地区をはじめ、童話「人魚姫」で世界的に有名な童話作家で詩人のアンデルセン( Hans Christian Andersen)の出身地としても知られるコペンハーゲンは、アンデルセンゆかりの観光スポットも沢山あるおとぎの街です。

魅力ポイント①1998年リニューアルオープン

赤褐色のレンガを用いたネオ・ルネッサンス様式の重厚な外観が特徴的なコペンハーゲン国立美術館(SMK)は、市内のニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館( Ny Carlsberg Glyptotek)を手掛けた建築家ウィルヘルム・ダーララップによる設計です。デンマーク王室や貴族のコレクションをもとに、中世の宗教絵画から近代アートまで400年にわたる年代をカバーし、国内最大の規模を誇るミュージアムです。
by Giåm
1998年(平成10年)に大規模な拡張工事を終え、建物の北側にはブリッジでつながった白亜の新たな展示スペースが増築されてリニューアルオープンしました。古典絵画はもちろん、かなり見応えのある近代美術も楽しめます。ゆったりとお茶が楽しめてクロックマダムやスープなどの軽食もとれるカフェ、ミュージアムショップを併設しています。
by LK MJ

魅力ポイント②絵画や彫刻など8,000点の展示物

by Giåm
コペンハーゲン国立美術館は地上3階、地下1階で、18世紀の中頃から買い集められたというイタリア、オランダ、ドイツの絵画のほか、19世紀のデンマーク黄金期と呼ばれる時代の絵画や彫刻など約8,000点にのぼる作品が年代やテーマごとに展示されています。特に地元デンマーク出身の画家の作品やヨーロッパ絵画が充実しているようです。
“ベルニーニはローマのために生まれ、ローマはベルニーニのために作られた”とまで賞賛されたバロック時代の代表的なイタリア人彫刻家、ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ(Gian Lorenzo Bernini)による 「カミラ・バルバドーリの胸像(Bust of Camilla Barbadori・1619年)」は、遠くからでも生きているように見える目の表現や、なめらかな布の質感が素晴らしい作品です。
by Giåm

魅力ポイント③中世からモダンアートまで

とにかく広いコペンハーゲン国立美術館は、無料の常設展だけでも見応え十分です。日本ではあまり紹介されていないアーティストの作品も多いので、時間があまりない旅行者はあらかじめパンフレットをチェックして狙って鑑賞したいところですが、思わぬアートとの出会いがあるのも広い美術館の大きな魅力。絞り込むのは難しそうですね。
メインフロアにあたる2階には、個性的なテンペラ画で知られるイタリアルネサンス期の画家アンドレア・マンテーニャ(Andrea Mantegna)による「贖い主としてのキリスト」をはじめ、ルーベンスなど巨匠たちの作品が目を惹きます。近代画家ではムンクやモディリアーニ、ピカソ、マティスのほか、かつてデンマークを代表する画家として知られ、20世紀末に再び評価されるようになったヴィルヘルム・ハンマースホイ(Vilhelm Hammershøi)のコレクションも要チェックです。
by Giåm

いかがでしたか

by Giåm
コペンハーゲン国立美術館をご紹介しました。まったく表情が違う新館と旧館が融合したハイブリッドなミュージアムは、庭を眺めながらお茶を飲むだけでも優雅な時間が楽しめそうです。デンマーク観光の際はぜひ参考になさってください。

基本情報

所在地:Sølvgade 48-50, 1307 København
TEL:+45 33 74 84 94
営業時間:11:00~17:00(水曜は~20:00)
料金:常設展は無料
定休日:月曜
アクセス:Georg Brandes Plads, Parkmuseerne (Sølvgade)バス停よりスグ

コペンハーゲン市内を一望する「救世主教会」は風に揺れる木造展望台がスリル満点!

コペンハーゲンにあるデンマーク王家の宮殿「クリスチャンスボー城」は現在も公官庁施設として活躍!

関連記事

  1. オランダに来たらフローニンゲン駅に行こう

    皆さんはフローニンゲンという地域をご存知でしょうか?サッカーが好きな方は聞いたことがあるかもしれ…

  2. ポーランドの人気&おすすめの観光スポット15選

    フランスやイタリアは観光地として有名ですが、ポーランドは意外と何が見どころなのか知られていないで…

  3. スイス・ローザンヌの人気&おすすめ観光スポット7選

    みなさんはスイス「ローザンヌ」をご存知でしょうか?スイスといえば、マッターホルンを思い浮かべる方…

  4. 次のトレンドは環境に配慮する旅!海外のおすすめエコリゾートホテル…

    「サスティナブルトラベル」という言葉をご存知ですか?これは環境に配慮した観光地やホテルを選び旅す…

  5. ドイツ・ベルリン観光の定番はここ!行きたい見どころ・スポットまと…

    ドイツ・ベルリンの観光スポットを、絶景写真と共に10つお届けします。ベルリンのシュプレー川と…

  6. オランダで最も盛り上がるお祭り!国王の誕生日「キングスデー」

    国中がオレンジ色に染まる日オランダ最大のお祭りといえば、4月27…

  7. ミコノス島はエーゲ海の楽園!人気観光スポット巡りおすすめベスト2…

    人気観光スポットのミコノス島は幸せを満たしてくれるエーゲ海の楽園がおすすめです!「どこか遠く」知らな…

  8. ドイツのおすすめショッピングスポット20選

    かわいいものに目がない!観光も大切だけど、ショッピングも目いっぱい楽しみたい!ドイツは、そんな人…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss